Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くエンジニアが、デザインやプログラミング、ライフハックについてゆるく書くブログです。

CAREER SKILLS ソフトウェア開発者の完全キャリアガイドを読んだ

CAREER SKILLS ソフトウェア開発者の完全キャリアガイドを読み終わった。 タイトルの通り、ソフトウェア開発者のキャリアについて広く浅く触れられており、カジュアルに読める一冊だった。 いくつか真似したい、あるいは既にやっていた場合は継続したいと思…

デザインも、理解するにはまず分類すること

デザインって、どうやって勉強すればいいの?と聞かれたときに、まずやるべきことは、デザインという言葉の解像度を高めることだ。 デザインという言葉は、抽象度が高くあらゆる分野で使える言葉なので、そのまま扱うことはひどく難しい。 デザインも、理解…

事業会社のデザイナーはポートフォリオに載せるものがないのか

随分前のことだが、クックパッドの宇野さんが、事業会社のデザイナーのポートフォリオについて述べられていた。 事業会社若手の「ポートフォリオに載せるものがない」現象をマジメに解決したい。事業会社のデザイナーはわかりやすい実績を得る機会が少ない。…

視座の高さと、越境についての走り書き

視座について。仕事をしていると、高い視座を要求されることがある。 エンジニアやデザイナーの場合、表面的なコーディングやビジュアルデザインに閉じず、上流から考えようという話になったりする。 UXの5段階モデルでいうところの、表層や骨格から、要件や…

たまに読み返して元気をもらっているエンジニアの言葉

デザイナー7年目からエンジニアに職種を変えて、もうすぐ3ヶ月になります。どうやら試用期間でクビになることはなさそうなので、とりあえず一安心です。(?) さて、これは職種に限らない話かもしれませんが、キャリアを始めたばかりの頃は何事もうまくでき…

スーツは宗教である

大学4年の夏。就職活動をしていたとき、スーツで面接に向かいながら、自分はどうしてこんな格好をしなければならないのかと思った。 高温多湿な日本の気候に、スーツはどう考えても適していない。だからといって、あえて反抗することもなく、周りもそうだか…

組織に新しい提案をする時に意識していること

仕事をしていて、新しいツールや手法を取り入れるために、提案することがあるかもしれない。 その時、自分では良いことと思っていても、周囲の理解を得られなければ前に進めることはできない。 反対された時に、どうして分かってくれないのかと怒ったり、簡…

基本情報技術者試験を受けることにした

会社で勧められて、基本情報技術者試験を受けることにした。 基本情報技術者試験というのは、名前のとおり、IT技術者としての基本を問われるような試験だ。(超ざっくり) 最初は「いまさら試験なんて面倒だなー」と思ったんだけど、自分の穴ぼこだらけの知…

なぜSFに魅力を感じるのか。また、SFが媒介するものについて。

ケン・リュウの『もののあはれ』というSF短編集がめちゃくちゃ良かった。 もののあはれ (ケン・リュウ短篇傑作集2) 作者:ケン リュウ 発売日: 2017/05/09 メディア: 文庫 上の画像のとおり、本の装丁デザインからして良い。味わい深いフォントのタイトルと、…

プログラミングに限らず、物事の学び方について思うこと

Twitterで「プログラミングの学び方」について話題になっていた。 スクールには通う必要がないだとか、大学に行くのが一番だとか、独学には限界があるといった言説が見られた。 おそらく、どの意見も正しい。自分の場合、理想を言えば「大学に通う」のが良い…

エンジニアにキャリアチェンジして1ヶ月が経ったのでふりかえる。

エンジニアにキャリアチェンジして、1ヶ月が経った。 コロナの影響で、初日からフルリモートでの勤務だったので、はじめは不安で仕方がなかった。しかし、思っていたよりは何とかなっているので、今は少しだけ安心している。 自分にとっては濃い1ヶ月だった…

当事者意識に苦しみすぎないこと

マネージャーをやっていた時、周囲の不満がひたすら自分に向けられているようで、苦しい思いをしたことがある。ブログにも書いていた。 www.tortoise-shell.net しかし、今になって思えば、不要な当事者意識を持ちすぎていたのだろう。それに気付かされたの…