Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

初心者向け!UnityやVRを学ぶための、最も効率的な勉強方法について

こんにちは、デザイナーのtamuです。 突然ですが、VRコンテンツ作りのためには、どうやって勉強すればいいと思いますか? 近年、様々な業界でVRへの需要が高まり、ゲームを始めとしたVRコンテンツを学ぶ人が増えてきました。 しかし、新しい分野だからこそ、…

2018年7月の読書メモ

暑い!死ぬほど暑いですね…。 7月は、Oculus Goを買って、VRを初体験したのが大きかったです。 読書の方は、オーディオブックで新刊はあまり買わず、過去に挫折した本をもう一度聞き直す活動を始めました。 基本的に、ビジネス書は定番や古典だけを押さえて…

VR=仮想現実は間違い?VRの教科書『バーチャルリアリティ学』を読んだ

VR

先日『バーチャルリアリティ学』という本を読んだのですが、とても面白かったです。 この本は、一般の技術書とは異なり、日本バーチャルリアリティ学会によって編纂されています。 バーチャルリアリティ学 作者: 舘暲,佐藤誠,廣瀬通孝,日本バーチャルリアリ…

Oculus Goを実際に買って、良かったこと・微妙だったこと

VR

先日、ついにOculus Goを購入しました。 Oculus Goは、ごちゃごちゃとした周辺機器が何も必要ない、単体で作動するVRヘッドセットです。 VR入門機ということで、3万円からの低価格で購入することができます。 まだ本格的に使えているわけではないのですが、…

忙しい社会人生活の中でも、読書時間を確保する方法

毎日忙しく働いていると、読書時間を確保するのが大変です。 学生の頃はよく読書していたのに、社会人になってから本を読まなくなった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 わたしも読書好きなタイプで、大学生のときには、300冊ぐらい読破しまし…

GOROmanさんの『ミライのつくり方』を読んだ。VRはキモいを乗り越えられるのか。

先日『ミライのつくり方 2020-2045 僕がVRに賭けるわけ』を読み終わりました。 知り合いの方から教えていただいた本だったのですが、読み終わった結果、VRにとても興味が湧いてきました。 VRと言えば、実は数年前に、Unityを使って何かしようとしていた時期…

21_21 DESIGN SIGHTの『音のアーキテクチャ展』に行ってきました

『音のアーキテクチャ展』に行ってきました。 会場は六本木の21_21 DESIGN SIGHTです。21_21 DESIGN SIGHTには、何だかんだで数ヶ月に一度は必ず来ているような気がします。 展示企画はいつも面白いし、会場も広すぎず狭すぎずで、疲れないところが好きなん…

2018年6月の読書メモ

こんにちは。今月の読書メモをお送りします。 今月はペースを取り戻しまして、8冊ほど読むことができました。 しかし、振り返ってみると、それほど本を読んでいた記憶がありません。 というのも、内訳を見ると、オーディオブックで聴いていたのがほとんどで…

投資信託を始めて半年ほど経ったので、勉強のためにオススメの本を紹介します

投資信託を始めて半年ほど経ちました。 とはいっても、始めたての頃は、恐ろしくて1万円からスタートしていました。今では、ちょっと増やして毎月3万円ずつ買っているだけです。 なので、現在までに持っているのは、まだたったの10数万円分ほど。 内訳として…

アジャイルの入門にオススメ!『カイゼン・ジャーニー』を読み終わった

カイゼン・ジャーニーを読み終わりました。 一言でいうと、アジャイル開発の実践方法を、ストーリー形式で手軽に学べる本になっています。 アジャイルというと、エンジニア組織で実践されているイメージが強いかもしれません。わたしも、アジャイルという概…

FF15をクリアしたので、感想とレビューを書く。

いまさらながら、FF15をクリアしました。 まともに据え置き型のゲームをするなんて、大学1年のとき以来です。 当時はPS2の時代でしたし、今回PS3をすっ飛ばしてPS4をプレイして、色々な意味で新鮮でした。 わたしはFFシリーズが中学生のときから大好きで、ゲ…

「とりあえずやってみよう」は常に正しいのか

たまに「とりあえずやってみよう」という言葉について、あやうさを感じることがあります。 それは、「とりあえずやってみよう」という言葉が、無条件に礼賛されがちなように思えるからです。 例えば、仕事の場で、何かに悩んだときやアイデアが思い浮かんだ…