Tortoise Shell

デザイン、システム開発、ライフハックについてゆるく書きます

UXという言葉を使わずに表現する

組織内で、UXが良い or 悪い、という言葉がよく使われているのなら、注意しなければならない。 UXという言葉は、単体として用いるには解釈の余地が大きく、認識齟齬を産みやすい。ここでUXの正しい定義を語るつもりはないが、素直に捉えれば、言葉通り「ユー…

2020年のふりかえり

今年は、働き方や過ごし方が大きく変わった年だった。家で過ごしたのがほとんどだったので、派手なイベントは無かったが、ジョブチェンジをしたりと何気に転換点だったかもしれない。 フルリモート化して引越した 以前から積極的にリモートワークを活用して…

デザインのロジックの立ち位置

デザインのロジックについて、たまたま同じ日に、次の2つのツイートを見かけて興味深かった。 「なぜこのようなデザインになったのか」というロジックを説明できないデザイナーは意外と多い。そのほとんどがデザインを感覚でやってしまっているから。そんな…

エンジニアリングには正解があり、デザインには正解がないという誤解

デザイナーだった頃に、「エンジニアリングには正解がある。しかし、デザインには正解がない」という言説を耳にすることがあった。 意味合いとしては、何を作るかという意味において、正解があるかないかということだ。 もちろん、研究開発などは除いた話で…

デザインの単純化

デザインって、どうやって勉強すればいいの?と聞かれたときに、まずやるべきことは、デザインという言葉の解像度を高めることだ。 デザインという言葉は、抽象度が高くあらゆる分野で使える言葉なので、そのまま扱うことはひどく難しい。 デザインも、理解…

事業会社で働くデザイナーのポートフォリオ

随分前のことだが、クックパッドの宇野さんが、事業会社のデザイナーのポートフォリオについて述べられていた。 事業会社若手の「ポートフォリオに載せるものがない」現象をマジメに解決したい。事業会社のデザイナーはわかりやすい実績を得る機会が少ない。…

組織に対して新しい提案をする時

仕事をしていて、新しいツールや手法を取り入れるために、提案することがあるかもしれない。 その時、自分では良いことと思っていても、周囲の理解を得られなければ前に進めることはできない。 反対された時に、どうして分かってくれないのかと怒ったり、簡…

当事者意識に苦しみすぎない

マネージャーをやっていた時、周囲の不満がひたすら自分に向けられているようで、苦しい思いをしたことがある。ブログにも書いていた。 www.tortoise-shell.net しかし、今になって思えば、不要な当事者意識を持ちすぎていたのだろう。それに気付かされたの…

すごく見える人は、得意分野で力を発揮している人

6月から転職して、不動産管理会社向けSaaSを提供する会社で働き始めた。 デザイナーとしてではなく、バックエンドエンジニアとしての入社になる。30手前にもなって、よくも思い切ったことをしたものだと、自分でもあきれてしまう。 毎日てんやわんやしている…

デザイナーからマネージャーになって起きた心境の変化

去年の後半から、プレイヤーとしてのデザイナーではなく、マネージャーをやらせてもらった。 その時は興味があった訳ではなかったが、試しにやってみるか、くらいの勢いでオファーを受けることにした。 これまでに、マネジメント関連の本を読んだことはあっ…

デザイナーのドメイン知識と市場価値

今の会社に転職して、今月で4年目になった。 新卒で入った前の会社は、3年目のときに辞めたので、今のところ現職が一番長いということになる。 4年目といえば、世間の感覚からすれば短いものの、IT業界の基準では「そこそこ長くいる人」に当てはまると思う。…

デザインと実装のずれ、という言葉への違和感

デザインと実装のずれ、という言葉に違和感を持っている。そもそもの認識をアップデートした方が良いのではないか。 デザインと実装のずれとは、デザインしたビジュアルに対して、実装が合わせられていない状態を指す。 つまり、基本的にはデザインしたビジ…