Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くエンジニアが、デザインやプログラミング、ライフハックについてゆるく書くブログです。

技術を好きでい続けるために必要なこと

CTOとの1on1で、今期のふりかえりを行なった。

転職と同時にジョブチェンジ(デザイナーからバックエンドエンジニア)してみて、ぶっちゃけどうだったかと聞かれた。

周りから見れば簡単なことしかやっていないと思うが、主観的にはかなり大変だったと答えた。

また、思い描いていたプランと、現状の成長度合いを比べてどうかとも聞かれた。

これに関しては複雑な気分だ。エンジニアになる時に思っていたことだが、あまり自分への期待値を高く持ちすぎないようにしている。

理想が高すぎたり、あるいは周囲と比較しすぎてしまうと、どうしてもメンタル的にしんどくなってしまう。

だから、周りと比べないようにしつつ、とにかく昨日の自分より少しでも進歩しているかどうかを見る。そうやって1日1日やっていけば、いつか振り返った時に大きく成長した自分を見つけることができるのではないかと。

だからといって、完全に周りを気にせず吹っ切れているかといえば、そんなことはない。ふとした機会に、なぜ自分はこんなにできないのだろうかと思う。先輩エンジニアから、こんなことも分からないのかと呆れられていないかと不安になる。

というように答えたのだが、CTOから「それでいい。あまり気にしすぎると、つらくなると思う。焦らずやっていけばいい。」という言葉をかけてもらい、少し気が楽になった。

同時に「好きでいることが大切。好きでいさえすれば、続けられるし、そうすればできるようになる。嫌いになってしまうと、つらいだけになる。」とも言われた。本当にその通りだ。

好きでい続けるためには、とにかく楽しむことが大切だ。仕事としてやっていると、貢献しなければとあせったり、周りと比べて落ち込みやすい。

それはそれで必要なプレッシャーではあるが、純粋に技術が楽しいという気持ちをいつしか忘れてしまう。そこは分離して考えなければならない。

自分は、こうしたメタ認知ができるタイプだと思うし、こうして文章にして感情を言語化することも得意だ。

しかし、それでもモヤモヤしたり落ち込むことは少なくない。そんなときに、こうしてコーチングしてくれる上司がいることは幸せなことだと思う。

余談ではあるが、ブログをやっていなければもっとメンタルを病んでいたかもしれない。文章を書くということは、精神衛生を保つのに非常に良い習慣だと思う。

上記のセルフコーチングの本の中でも、紙に書いて言語化するとスッキリすることがあると紹介されていた。

そんなわけで、もうすぐエンジニアになって半年になる。これをもう1セットやれば1年だ。頑張ろう。