Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くエンジニアが、デザインやプログラミング、ライフハックについてゆるく書くブログです。

CAREER SKILLS ソフトウェア開発者の完全キャリアガイドを読んだ

CAREER SKILLS ソフトウェア開発者の完全キャリアガイドを読み終わった。

タイトルの通り、ソフトウェア開発者のキャリアについて広く浅く触れられており、カジュアルに読める一冊だった。

いくつか真似したい、あるいは既にやっていた場合は継続したいと思う、参考になった箇所をまとめておく。

フリーランスになる場合の時給

フリーランスになる場合、サラリーマン時代の時給の、ちょうど2倍くらいくらいもらわないと割に合わないようだ。

ちょうど前職のエンジニアの同僚から同じことを聞いていて、ひょっとするとその方も、この本を読んでいたかもしれない。

確かに押さえておくべきポイントだ。最近では、エージェントサービスも充実しているし、昔よりも簡単にフリーランスデビューできるようになった。

だいたいの場合、サラリーマン時代よりも額面では高い報酬を得られるようになるので、稼げているように錯覚しやすい。

日本ではサラリーマンはかなり優遇されていて、社会保障や税金をはじめ、会社の設備や福利厚生など多くのメリットを無意識に享受している。

会社が正社員を1人雇う場合、だいたいその人の給料の2倍くらい、コストがかかっているようだ。

コードを書けるスキルのコモディティ化

オフショアなどによって、単純にコードを書けるだけのエンジニアは、以前よりも価値が低くなってしまった。

それでは、会社に属してエンジニアをやる上での強みは何かというと、業界や自社プロダクトに関するドメイン知識だろう。

その上で、ステークホルダーとコミュニケーションが取れて、要件を正しいソリューションへと翻訳することができる。

ここまでできて、価値のあるエンジニアと呼べる。言われた通りコードを書くだけであれば、いくらでも代替できる人材として、すぐに切られてしまう。

デザイナーだった時にも、同じような言説をよく目にしていたので、職種を問わずこうした風潮はあるのだろう。

どんなスキルであっても、法律で規制をかけてでもいない限りは、スキルそのものは必ずコモディティ化していく。

サイドプロジェクトに取り組む

キャリアを伸ばす最良の方法は、サイドプロジェクトに取り組むことだと、本の中で述べられていた。

サイドプロジェクトをやることで、業務で触れられる以外のスキルが身につくし、それを掛け合わせることで新しい可能性を見いだせる。

最初のサイドプロジェクトとしては、既に存在するもののクローンを作ることが、最もおすすめなのだそうだ。

自分にも覚えがある。去年や一昨年にVRゲームを作っていた際にも、まずは本の中で作るサンプルを少し変えただけのゲームを作った。

その後で、少しずつできることを増やしていって、オリジナルに近いものを作ることができた。

クローンといっても、少し視点や見せ方を変えるだけで、オリジナリティを発揮する隙間は意外に残っているものだ。

極論を言えば、Twitterだって「短い文章しか投稿できないブログ」と言い切ることもできる。

おわりに

書いてある内容自体は、それほど目新しさはないけれど、適度にモチベーションを上げてくれる良い本だと思った。

著者も述べていることだが、扱っているテクニックは普遍的であり、長い間役に立つようなコンテンツになっている。

とりあえず、自分はこの本で勧められているほど努力できていないし、サイドプロジェクトのひとつでも始めなければならない。

去年まではVRゲームをずっと作っていたが、今度はスマホアプリでも作ってみようかなと思っている。

どうやってエンジニアになるか。エンジニアになってからどうやって成長するか。どうやって報酬を上げるのか。

エンジニアとしてのキャリアに悩める全ての人に、おすすめしたい一冊だ。