Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くエンジニアが、デザインやプログラミング、ライフハックについてゆるく書くブログです。

なぜSFに魅力を感じるのか。また、SFが媒介するものについて。

ケン・リュウの『もののあはれ』というSF短編集がめちゃくちゃ良かった。

もののあはれ (ケン・リュウ短篇傑作集2)

もののあはれ (ケン・リュウ短篇傑作集2)

 

上の画像のとおり、本の装丁デザインからして良い。味わい深いフォントのタイトルと、動物のイラスト。

一見すると日本人作家のようだが、ケン・リュウは中国生まれのアメリカ人SF作家である。『もののあはれ』は邦題かと思いきや、原題そのままである。センスある。

この小説に行き着いた経緯としては、Netflixのオリジナルアニメ『Love, Death & Robots』(こちらも短編アニメ集)で、『もののあはれ』に収録された短編を原作とするエピソードがあったからだ。

ケン・リュウのSF小説の魅力は、物語のバックグラウンドの中に、東洋の文化や歴史のエッセンスが入っているところだ。

収録された短編は、どれもSFのモチーフとしては普遍的である。例えば、不老不死や、惑星移住、肉体と精神の分離。

しかし、そこに上記のエッセンスが加わることで、独特の世界観が醸成されている。

そんなわけで、ケン・リュウという作家そのものに興味を持ってググってみたところ、次のWIREDのインタビュー記事が引っかかった。

その中で、同氏がSFの面白さについて語った一文があって、それがものすごく印象的だったので紹介したい。

SFやファンタジーでは、実在しないものをメタファーとして描くことができる。つまり実世界では抽象的、あるいは観念的にしか語れないようなものを、リアルな、手に取れるものとしてストーリーに登場させることで、ぼくらはいつもとは異なる方法でそれを解釈することができるんだ。

なるほどなと思った。こんな風に言語化されて、読んだその場で感動したし、自分がなぜSFが好きなのかも分かった気がして嬉しくなった。

SFというと、よく未来のテクノロジーや、こうなったかもしれない未来について描かれることが多い。

わたしとしては、そんな「ありそうでない世界」にワクワクしていたと思っていたのだが、SFは自身を媒介として分かりやすくそれを提示してくれていたのだ。

だからこそ、SFに触れると知的好奇心を刺激してくれるし、心を豊かにしてくれる。SFはすごいなー。