Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

Slackのtimesチャンネル(分報)について思うこと

IT業界の中で、Slackのtimesチャンネル(分報)を設けているという事例を、ここ数年で聞くようになった。(以下、「times」と表記)

timesというのは、ひとことで表すと社内版Twitterで、チャンネルの開設者が好きなことをつぶやく場所である。

人の多いチャンネルで発言するのはハードルが高いと思う人でも、timesでなら気軽に意見を言うことができるので、新入社員のオンボーディングのためにも用いられている。

わたし自身も、timesチャンネルを開設して、毎日何かしらはつぶやいている気がする。

一見するとメリットだらけに思える文化だが、やはりデメリットもあると思っていて、そのことについて書いてみたいと思う。

まず、単純にtimesが増えてくると、見て回るコストが高くなってしまう。

timesがブームになり始めて最初の頃は、10数人くらいしか開設していなかったものが、だんだん20、30と増えてくる。

こうなってくると、すべての人のtimesを見て回るのは大変だ。

仕事中、ついtimes巡りをしていたら、あっという間に時間を吸い取られていたことがあった。

そして、timesはその特性上、SNSと同様に見る側のリテラシーも要求されるように思う。

というのも、timesは開設者の主観としては心理的安全性が高い状態で発信できるかもしれないが、何気ない発言が他の人を傷つける可能性もある。

例えば、会社の制度や組織の方針に対して、斜に構えた批判をしてみたり、モヤモヤすると書き込んでみたり。

本人としては気軽に正直な気持ちを書き込んでおり、そうした本音の情報が飛び交う環境作りは大切だが、やはり受け取る側が嫌な気持ちになることもあるだろう。

また、わたし自身も、たまたま体調が悪かったり落ち込んでいるときに他人のtimesを見て、自分に対して遠まわしにマサカリを投げられているような気分になることがあった。

そんなもろもろがあってか、今ではすべてのtimesチャンネルから抜けて、自分のtimesチャンネルだけでつぶやくようにしている。

自分のtimesチャンネルにしても、ほぼ当たり障りのない、おふざけのようなことしか書き込まなくなってしまった。

他の人のtimesから全て抜けるときは、何だかんだで業務に関係する情報なども飛び交っており、何かしらで困ることがあるのではと懸念があった。

しかし、実際に抜けて数か月経った結果としては、特に仕事で困ることはないし、むしろ前述のような余計なノイズが減ったのでメンタル的には好影響だった。

今後、他の人のtimesにまた入ることがあるかもしれないし、逆に自分のtimesをアーカイブしてしまうこともあるかもしれない。

現状としては、総合的に見てtimesに対してあまり良い印象を持っていないのだが、今後また気持ちは変わるかもしれない。

ただ思うこととしては、このようなオープンな仕組みこそ、組織の成熟度などが試されるのかもしれないと思ったりなどした。

Slackのtimesチャンネル(分報)について、あなたはどう思いますか?

他の方々もブログで触れたりされているようなので、合わせて読んでみてください。

note.mu

stefafafan.hatenablog.com

micro-kirimin.hatenablog.com