Tortoise Shell

デザイン、システム開発、ライフハックについてゆるく書きます

デザイナーからマネージャーになって起きた心境の変化

去年の後半から、プレイヤーとしてのデザイナーではなく、マネージャーをやらせてもらった。 その時は興味があった訳ではなかったが、試しにやってみるか、くらいの勢いでオファーを受けることにした。 これまでに、マネジメント関連の本を読んだことはあっ…

Slackのtimesチャンネル(分報)に思うこと

IT業界の中で、Slackのtimesチャンネル(分報)を設けているという事例を、ここ数年で聞くようになった。(以下、「times」と表記) timesというのは、ひとことで表すと社内版Twitterで、チャンネルの開設者が好きなことをつぶやく場所である。 人の多いチャ…

塩田千春展、PIXAR のひみつ展

森美術館の「PIXAR のひみつ展」と「塩田千春展」に行ってきました。 元々は、PIXARのひみつ展を目当てに行ったのですが、塩田千春展の方が印象に残りました。 上の写真は、展示作品のひとつなのですが、人間の毛細血管のようで圧巻でした。 こうした糸を用…

電脳コイルと、本物の定義

注:ネタバレを含んでいます 電脳コイルの最終話を見終わりました。 メガネの子供たち 発売日: 2018/11/09 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 元々のきっかけとしては、「VRやARに興味があるなら、電脳コイルは見ておいたほうがいい」という…

VR技術者認定講習会に行ってきました

先日の土曜日に、VR技術者認定講習会に行ってきました。 何それ?と思われた方もいらっしゃるでしょう。 一言で表すと、日本バーチャルリアリティ学会が主催している、VRに関する知識が得られる講習会のことです。 講習会が目的というよりも、その後に開催さ…

ゲーム脳をメタ認知につなげる

PS4を手に入れてから、もうすぐ1年になります。 元々ゲームは好きだったのですが、社会人になってからすっかり遊ばなくなり、気づけば5年くらいブランクができていました。 いまさらハマれるのかと疑問でしたが、実際に遊び始めると、すっかりハマってしまい…

ARの本質は現実の文脈を利用すること

ブログやTwitterでは、VRの話題を書き込むことが多いですが、最近はARの面白さにも気が付いてきました。 きっかけは、AR的な要素が登場する、ゲームやアニメに触れて視点が変わったことです。 そして、ARの本質は「現実の文脈を利用すること」なのではないか…

Standalone VR Meetup #01 で登壇してきました

先日、DMMの会場で行われた「Standalone VR Meetup #01」というイベントで登壇してきました。 趣旨としては「スタンドアロンVRに関する知見共有や、作成したVRアプリを自慢する」というものでした。 ちょうど半年くらい前から、Oculus Go向けに色々と開発し…

集中力と反射神経を鍛える、VR色あてゲームを作った(Oculus Go向け)

こんにちは。もうすぐ、Oculus Questが発売されそうですね。 Oculus Goを買ってから、Oculus Riftも買った自分としては、ようやくVRらしい体験がスタンドアロンで実現することがとても楽しみです。 これをきっかけに、2019年は、ますますVRが盛り上がってい…

バレンタインが近いので、VRでユニティちゃんにチョコを渡す練習をした

最近Oculus Riftで遊んでいて、あらためて「Oculus Touchの自由度ってすごい!」と思うようになりました。 そこで自分でも何か試したくなったのですが、もうすぐバレンタインということで、チョコを渡せるコンテンツを作ることにしました。 せっかくなら可愛…

VR空間で3Dモデリングができる!Oculus RiftでGoogleの「Blocks」を使ってみた

Unityで色々作れるようになってくると、今度は自分で3Dモデルも作りたくなってしまいます。 Unityの良いところとして、Unityを含めたエコシステムが非常に充実しており、アセットストアで必要なものはすぐに揃えることができます。 しかし、自分のこだわりや…

Unity製のVRゲームで、初めてOculus Storeに申請して引っかかったポイント

こちらは「Unity #3 Advent Calendar 2018」の、21日目の記事です。 こんにちは、tamuと申します。 先月ぐらいに、初めてUnityでVR向けのゲームを作成しまして、Oculus Storeに申請チャレンジしました。 しかし、何度もリジェクトを食らってしまい、かなりの…