Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

ウィッチャー3をクリアしました

今さらながら、ウィッチャー3をクリアしました。

最初は「2015年のゲームだし、今さらプレイしても古臭く感じるのでは?」と思っていたのですが、普通に面白かったです。

むしろ、これまでプレイしてきたRPGの中でも、最高峰だったと思います。

良かったところ

良かったところは、次の3点です。

ストーリーの重厚さ

魔法やモンスターなど、世界観は王道のファンタジーだったと思います。

しかしながら、戦争や差別なども色濃く描かれており、大人向けのダークファンタジーに仕上がっていました。

イメージとしては、ゲーム・オブ・スローンズと似たような世界に入り込んだ感覚があり、非常にワクワクしました。

このゲームでは、ストーリーが特に秀逸で、ウィッチャー(モンスタースレイヤー)であるゲラルトになりきって物語を進められました。

ストーリー上の重要な展開であっても、ただの予定調和にとどまらず、プレイヤーの選択によって大きく変化します。

まさしく、自分の選択が、大きく運命を左右する感覚を得られました。

冒険できる範囲の広さ

これまでプレイしたオープンワールドのゲームといえば、FF15やMarvel Spider-Man、Zero Dawn Horizonなどがありましたが、広さはこれらの比ではありません。

メインストーリーをひととおりクリアしましたが、まだ探索できていない箇所は、全体の半分くらい残っている気がします。

ウィッチャー3では、他のRPGでもよくあるように、サブクエストやトレジャーハンティングの要素も充実しています。

これまでプレイしてきたRPGでは、こうしたサブクエストなどは、ただのお使いのようなタスクをこなすことがほとんどでした。

しかしながら、どれもしっかりとストーリーが練り込まれており、ただのお使いに留まりません。

実際にプレイすると、圧倒的な自由度と、その広さに圧倒されてしまうと思います。

魅力的な登場人物

ウィッチャーは、決してよくある正義の味方のような存在ではありません。

依頼を受けてモンスターを討伐しますが、政治からは意図的に身を引いており、それでも様々な陰謀に巻き込まれることになります。

主人公のゲラルトは、歴戦のベテランウィッチャーのため、世界中に知り合いがたくさんいます。

ウィッチャーの仲間はもちろん、女魔術師、皇帝、傭兵、商人など、人脈は多岐にわたります。

ですが、皆が皆善人というわけではなく、分かりやすい悪人も含めて人物像は様々です。

ゲラルト自身、ゲームの中での選択はプレイヤーにゆだねられているため、善人にも悪人にもなることができます。

魅力的な登場人物に囲まれて、本来のRPGの意味である「役割を演じる」という面白さについて、このゲームほどそれを実践できるものはありません。

イマイチだったところ

反対に、イマイチだったのが、次の3点でした。

戦闘の単調さ

基本的には、剣と印(魔法のようなもの)を組み合わせて戦うことになりますが、ド派手な戦闘を期待されている方には応えられないと思います。

ある意味、王道的なRPGのバトルで、事前のレベル上げや強化アイテムの準備が勝敗を左右するシステムになっています。

とはいえ、ウィッチャー自身は強化人間ではありますが、決してずば抜けた超人というわけではありません。

事前にモンスターについて調べて、弱点を把握し、必要なアイテムをしっかり準備してから戦闘に臨む。

そうした点では、逆にリアルで良かったかもしれません。

メニュー画面の操作感

メニュー画面の操作感については、慣れるまでに時間がかかりました。

特に序盤では、様々なシステムの仕組みについて把握するのに手間取り、気持ちよくプレイすることができなかったと思います。

しかしながら、プレイしていくと慣れてくると思いますし、乗り越えた先には素晴らしいゲーム体験が待っています。

なので、ちょっとプレイしてメニュー画面が分かりづらかったからといって、投げ出してしまうのはもったいないでしょう。

それだけに、惜しいところではありました。

移動の面倒くささ

広大なオープンワールドが魅力のRPGですが、その分、移動も大変です。

基本的には、長距離は馬を使って移動することになりますが、ファストトラベル機能は特定の場所でしか使用できません。

よって、遠いところに行く場合は、最寄りのファストトラベルできる場所まで移動してからになります。

ここに関しては、Zero Dawn Horizon のファストトラベルバッグのように、特定のアイテムでどこからでも移動できるようになっていれば最高でした。

美しい景色を楽しむのも、オープンワールドの魅力のひとつだとは思いますが、さくさくクエストをこなしたい時もあるので、バランスが難しいところでした。

おわりに

ここまでプレイして、良いところもイマイチなところも、両方書きました。

しかし、全体としては、圧倒的に良いゲームだったと思っています。

色んなサイトで「RPGの金字塔」「PS4を持っているなら遊ばないと損」と言われている所以を理解した気がします。

しかも、まだ長編のDLCが残っているというのが恐ろしいくらいです。

このDLCも、ちょっと足されたというレベルではなく、本編に負けていないくらいのクオリティが楽しめるそうなので期待しています。

久々に骨太なRPGがやりたいという方は、ぜひウィッチャー3をやってみてください。

2019年の今になってプレイしても、全然古臭い感じはしませんでしたし、めちゃくちゃ楽しめますよ。