Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

Unityで作ったアプリを、やっとOculus Goにビルドできたのでメモ

Oculus Goを購入し、Unityの勉強を初めてから、1ヶ月が経過しました。

Unityの操作にも少しずつ慣れてきて、簡単なゲームを作れるぐらいには成長しました。

そんな中、せっかくなのでUnityで作ったゲームを、Oculus Goで遊んでみたいと決心。

ネットで調べつつ、2時間くらい格闘して、ようやくビルドできたのでメモしておきます。

結論から言うと、下記のQiitaが感動するくらい分かりやすいので、この通りにやれば簡単にできました。

ただし、わたしが1点だけハマったポイントがあって、JDK/SDKの設定の部分です。

Oculus GoはAndroidをベースにしているらしいので、JDK/SDKをインストールしなければなりません。

上記のQiitaをはじめ、他の記事を見る限りでは、インストールするだけでUnity上でのパスの設定も自動的にされているようでした。

しかし、わたしの場合は、なぜかされていなかったので、手動で行う必要がありました。

JDK/SDK、意味もわからずインストールしたけど、はたしてどこにあるんだと途方にくれていたのですが、下記の記事を参考に見つけ出せました。

やっぱり、本質的なところが分かっていないと、ちょっとしたところでつまづいてしまいますね。

今回はとりあえず試してみたかっただけなので、新規プロジェクトでCUBEを1つだけ配置して、それをビルドしました。

たったそれだけですが、実際にOculus Goで見られるようになると、とても感動しました。

今後の可能性をとても感じるので、引き続き頑張っていきたいと思います。

一方で、たったそれだけのアプリのビルドにも関わらず、めちゃくちゃPCが重たいのは何とかならないものか…。

現在使用しているのはMacBookProなのですが、それでもVRを本気でやろうとするなら、スペック不足感は否めません。

最近、こういうのが発売されていましたが、果たしてどうなんでしょうか。

うーん、なんかそそられない。

わたしの場合、外に持ち歩いて作業したいので、やはりラップトップがいいと思っています。

そうすると、MacBookProであっても、けっきょく意味が無くなってしまいそうです。

やはり、VR ReadyのゲーミングPCを買うしかないのか。

でも、Windowsは使いたくないなぁ…。やれやれ。

もうしばらく、悩んでみたいと思います。ひょっとすると、ゲーミングPC買うかも。