Tortoise Shell

デザイン、システム開発、ライフハックについてゆるく書きます

Webデザインの狭い世界

ウェアラブルやIoTなど、昨今の流れを見ていると、すごい時代になっていってると感じる。

あらゆるものがネットに接続され、人間すらネットに接続されようとしている。

また、Oculus RiftなどのVRヘッドセットも熱くなってきている。

あれを操作している様子を初めて見た時は、「マイノリティー・リポートみたいだな」と思ったものだった。

まさしく、SFで描かれた世界観に現実が近づこうとしている。

こうした流れを見ていると、わたしのようなWebデザイナーは、狭い世界の中でデザインしているなと思ってしまった。

今までは、Webこそが最先端だったし、Webを通して世界中につながったメディアやコンテンツをデザインすることで、広い世界に関わっていると感じていた。

しかし、当たり前の話だが、それも手段のひとつでしかない。

UIデザインに携わる者として、ブラウザに映るものだけを作り続けていていいのか。視野を狭めてしまうのではないか。

IoTが加速して、ありとあらゆるものがネットに接続される世界になろうとしているが、様々な装置とネットとの協会を適切にデザインできる人材が求められるようになるだろう。

そういった意味で、UIデザイナーは絶対的に不足している。

最近UIだUXだと騒がれ議論されているのは、いわゆるスタイリングの話ばかりで、ごく表面的な理解しかされていないのではないでしょうか。

なんてことを「融けるデザイン」を読みながら思ったものだった。