Tortoise Shell

デザイン、システム開発、ライフハックについてゆるく書きます

そのデザインが後世の文化になる可能性

わたしたちの周りには、アイコンが溢れている。

スマートフォンにはアイコンが沢山並んでいるし、普段はそれを意識することなく操作しているだろう。

「アイコンは、初めに比喩として作られる。しかし、長く人の目に触れて成熟すると、それは慣用句になる。」

初めてこの言葉を聞いた時には感動したものだ。 

例えば、アイコンの事例としてよく槍玉に挙がる「フロッピーディスク」アイコン。

ご存知のとおり、フロッピーディスクは「保存」を表している。しかし、今時の子どもたちは、まず使ったことがないだろう。

それにも関わらず、彼らはそれを保存であると認識し、使いこなしている。

これは、フロッピーディスクの形状が、保存を意味するという認識が根付いたからだ。

初めは、データの保存という概念を表現するために、当時親しまれていたフロッピーディスクの絵を用いることが理に叶っていたのだ。

そして今では、フロッピーディスクが「保存」を意味している、という文化へ進化した。アイコンの奥深さを感じてしまう。

アイコンは直訳すると「象徴」となるが、わたしたちが普段使っている言葉にも通じている。

漢字の「火」や「木」は、実際の火や木の様子から連想されて落とし込まれた象形文字だ。

もし、漢字を使わない言語圏に生まれていて、「火」という漢字を見せられたとしよう。

相手から「この形は fire を意味しているんだよ」と言われても、「いやいや、どこが?」と思ってしまいそうだ。

しかし、わたしたちはこの文字の形状を「fire」を表すものと認識している。初等教育で教えられ、共通認識として定着しているからだ。

「火」の形状が「fire」を表せているかは問題ではない。

社会の中では、「火」という形状が、あの「fire」なのだという共通認識こそが大切なのだ。

そう考えると、フロッピーディスクのアイコンが20年後も使われ続けていたとしても、不思議ではない。

技術が進歩し、新しい概念が生まれる度に、人々はそれを言語化しようと試みる。今や、誰もが日常的に言語をデザインする時代がやってきた。

何気なくデザインしたアイコンが、後世まで残り文化になるかもしれない。そう考えれば、ロマンがあるのかもしれない。