Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

iKnow!で英語の勉強を始めてみた

突然ですが、1ヶ月ほど前から、英語の勉強をしています。

ここ半年ぐらい、UnityでVRアプリを開発していて、英語が読めないことが悩みのタネになっていたからです。

VRアプリの開発については、まだまだ日本では人口が少なく、日本語のドキュメントも豊富ではありません。

UnityやOculusの公式ドキュメントも、一部は日本語訳されていますが、すべてが翻訳されているわけではありません。

エラーが出てググっても、日本語の記事ではあまり有用な情報は得られず、だいたい海外の記事であることがほとんどです。

さらに、Oculus Riftを買ってからVRゲームを遊ぶ機会も増えましたが、そもそも日本語対応しているコンテンツが少ないのです。

有名なタイトルでも、中国語や韓国語には対応しているのに、日本語には対応していないパターンがよくあります。

英語がネックになって、せっかくのVRゲームも楽しめないのは、もったいないことです。

これは良くないなと思い、何か良い勉強方法はないかと探していたら、次の記事にたどり着きました。

こちらで きりみんさん が紹介されていた「iKnow!」が良さそうだなと思い、わたしも試してみることにしました。

英語学習 iKnow!

英語学習 iKnow!

  • Cerego
  • 教育
  • 無料

iKnow!は、英会話やビジネス会話など、いくつかのテーマの中から選んで学習を始めることができます。

どちらかというと、英単語のボキャブラリーを増やすのに役立つサービスです。

PC・スマホに対応しており、わたしの場合は、毎日アプリで暇な時にぽちぽちやっています。

iKnow!で優れているのは、人間の記憶の仕組みに沿って、良い感じのタイミングで単語の復習をレコメンドしてくれるところです。

ちょうど忘れてくる頃に復習が入るので、自分で意識しなくても、効果的に学習を進めることができます。

f:id:tamusan100:20190321152713p:plain

また、モチベートする仕組みも優れていて、こんな感じで学習状況が可視化されるようになっています。(これはPC版で見た画面です)

連続学習日数も表示されるのですが、上記の「4日」のように、たまたま忘れてしまってリセットされると悔しいです。

数分でもいいので毎日やれば、カレンダーの色も塗りつぶされるので、「穴が空くのは嫌だからやるか」という気分になります。

そんな感じで、とりあえず1ヶ月は無理せず継続できたので、今後もやっていきたいです。

直近の目標としては、以下のようなレベルに到達できればと思っています。

  • 技術系の公式ドキュメントや、フォーラムに書き込まれた内容が読めるようになる
  • 日本語非対応のVRゲームを、不自由せず遊べるようになる
  • 海外の技術系Podcastを聴いてざっくり理解できるようになる

こんな感じで、主にリーディングとリスニングがメインになりそうです。

使う機会はありませんが、話せるようになることにも憧れはあるので、何かきっかけを作ってDMM英会話とかもチャレンジしてみたい気持ちです。

オンラインゲームとか始めてみたら、話すモチベーション湧くかな?