Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

塩田千春展、PIXAR のひみつ展

f:id:tamusan100:20190907224536j:plain

森美術館の「PIXAR のひみつ展」と「塩田千春展」に行ってきました。

元々は、PIXARのひみつ展を目当てに行ったのですが、塩田千春展の方が印象に残りました。

上の写真は、展示作品のひとつなのですが、人間の毛細血管のようで圧巻でした。

こうした糸を用いた作品は、初めてではなかったのですが、ここまで糸に生命力を感じたことはありません。

どうやったら、というか。どういう人生を歩んできたら、こんな発想が生まれるんだろう。

先日訪れたという同僚からは、「ホラーっぽかった」と冗談交じりに紹介されていたのですが、こういう意味だったとは。

こうした作品って、どうやって再現しているんでしょうね。

こんな作品をひとりで組み上げるなんて、無理だと思いましたし、となると設計図のようなものがあるのでしょうか。

それにしても、こんな作品の設計図があったとして、どうなっているのやら。

色々な意味で、心を動かされたのでした。

f:id:tamusan100:20190907225447j:plain

PIXAR のひみつ展は、思っていたよりも技術的な話が豊富で、とても面白かったです。

わたし自身が、Unity等をきっかけに3Dに触れるようになっていたので、より親しみを持って展示を見ることができました。

スタジオでは当たり前の話なのでしょうが、「モデリング」「リギング」「ライティング」など、それぞれにプロフェッショナルが集まっているのですね。

PIXARレベルとなると、ひとつひとつの工程が、ものすごいクオリティです。

だからこそ、プロ同士で集まって制作するのが理にかなっているのだと、少しだけ感じることができました。

3D作品の作り込みって果てしないな…。