Tortoise Shell

デザイン、システム開発、ライフハックについてゆるく書きます

デザイナーなのに、好きなデザイナーがいなくて負い目に感じていた

わたしには、ずっと好きなデザイナーがおらず、少し負い目を感じていた。「好きなデザイナーは誰?」という質問は、デザイナー同士や、あるいは就職活動の面接でよく聞かれる。

わたしの中では、その質問に答えられる人は、デザインについて好みや考え方をしっかりと確立できている人。反対に、答えられない人(自分)は、勉強不足なのではないかと思っていた。

しかし、実際にはそんなことはなく、単純な「問いの仕方」の問題だと気がついた。「好きなデザイナーは誰?」という聞き方だと、暗黙的に「特定の1人」という意味合いを帯びるからだ。そうなったときに、自分が持っている答えと、その質問とがうまく噛み合わなくなる。

例えば、わたしはRPGやSF映画が好きで、デザインの好みにも大きな影響を受けてきた。上記の場合、そこから「好きなデザイナー1人」を答えることは難しい。

それらは多くの人が関わることでデザインされたものであり、特定の個人を抜き出すことができないのだ。

ここで、わたしの好きなRPGのひとつである、FFについて取り上げてみる。FFのどこが好きなのかというと、キャラクターの個性があり、ストーリーがあり、美しいマップがあり、音楽がある。

これらは切り離すことはできず、あくまでも、全てが調和したものを体験して好きになったのだ。もし、特定のキャラクターデザインが好きであったり、武器のモデリングが好きなのであれば、話は簡単かもしれない。そこまで絞り込めれば、好きなCGデザイナーやイラストレーターとして、特定の個人を挙げられるだろう。

そうではなく、あくまでも総体として好きということであれば、やはり冒頭の質問には答えづらくなる。

FFが好きだからといって、「好きなデザイナーはスクウェア・エニックスです」というのも、しっくり来ない。「スクウェア・エニックスの、FF7の開発チームです」という言い方も変ではないか。

同じようなことが、映画においても当てはまる。映画のデザインが好きという場合、特定の要素ではなく全体として好きなのであれば、どう答えれば良いのか。監督の名前を答えるというのも、違和感が大きい。

たしかに、監督もある意味ではデザイナーと言えそうだが、話がややこしくなってしまいそうだ。このように、自分が好きなデザインの分野によっては、好きなデザイナーを答えるのが難しくなる。

とはいえ、そもそも「好きなデザイナーは誰ですか?」という質問に、どのような意図があるのかを見極めたい。「好きなデザイナー」というのは言葉のあやで、要するに「好きなデザインについて、どんな考えを持っているか」を知りたいのかもしれない。

そうなのであれば、特定の個人を答えることができなくとも、自分が心を動かされたデザインについて語ればいい。こうして、好きなデザイナーがいないからといって、負い目に感じる必要はないと気付いた。