Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

2019年のふりかえり(仕事・プライベート・xR編)

今日で仕事納めでした。

だいたい年末になると、今年のふりかえりと、来年の目標などをブログに書いたりしています。

しかし、来年の目標なんて立てたところで、どうせその通りにならないことにやっと気がつきました。

というわけで、来年の目標は立てず、2019年のふりかえりだけを書きます。

結婚した

プライベートでの一番の変化は、春に結婚したことです。

すでに2年間、同棲生活を送っていたので、表面的な生活にはあまり変わりありません。

しかし、役所に婚姻届けを出したり、実際に結婚指輪をつけ始めると気持ちが引き締まったような気がしました。

夏には、新婚旅行にも行きまして、とても良い思い出になりました。

直近は結婚式の準備なども迫ってきているので、まだまだバタバタしそうです。

f:id:tamusan100:20190728233124j:plain

マネージャーになった

仕事での一番の変化は、いちデザイナーから、マネージャーになったことだと思います。

今年一年、仕事面ではそこまで変化が無かったような気がしていましたが、過去のブログやカレンダーを見返すと色々ありました。

社内で上半期のベストデザイナー賞をいただいたり、そこからリードデザイナーという役割を仰せつかり、10月からはマネージャーになりました。

こうして文章にしてみると、はたから見れば順調な印象を受けるかもしれませんが、わたしの感覚としては穏やかな1年だった気がします。

以前は自覚がなかったのですが、人のために何かをしたり、組織や場のことを考えるのも意外と嫌いではないと気づけたのは大きな収穫でした。

このままマネジメントの道を深めていくのか、スペシャリストにこだわるのかは特に決めていませんが、来年も好奇心を持って色々なことにチャレンジしていくつもりです。

VRの知見を深めた

VRの魅力に目覚めたのは去年の夏頃でしたが、今年も熱は冷めることなく、引き続き知見を深めることができました。

Unity認定試験合格

年初は、会社から支援をいただいて、VRアカデミーというスクールに通わせていただいていました。

そこでは、Oculus Goを使ったVR開発について学ぶことができ、周りの生徒と切磋琢磨することで大きな刺激を受けました。

カリキュラムの一貫として受験した「Unity認定試験」にも合格することができ、Unityの基礎スキルも定着させられました。

www.tortoise-shell.net

自主制作

前述のスクール受講や、本でのインプットを経て、いくつかの自主制作も行いました。

こんなものを作ったり、

www.tortoise-shell.net

こんなものを作ったり、

www.tortoise-shell.net

こんな実験をしてみたり、

www.tortoise-shell.net

ちょろっとモデリングにも手を出してみました。(Blenderも触ってみたのですが、難しすぎて挫折しました)

イベント登壇

完全にテンションに任せて申し込んだのですが、VR関連のイベントで、登壇も果たすことができました。

standalone-vr.connpass.com

www.tortoise-shell.net

Oculus Storeに自作ゲームを出そうとしたけれど、見事に爆死したという内容だったのですが、暖かく聞いていただけたので嬉しかったです。

登壇したことがきっかけで、xR界隈のフォロワーも少し増え、業界のニュースなどにもよく触れるようになりました。

VR認定技術者試験合格

こちらも勢いに任せて申し込んだのですが、日本バーチャルリアリティ学会の、VR認定技術者試験にも合格できました。

www.tortoise-shell.net

実際の開発スキルというよりも、VRの学術的な内容を問われる試験ではありましたが、VRについて体系的な知識を身につけられました。

ちなみに、試験会場は東大だったので、少しだけ東大生気分を味わうことができました。

記事執筆

今年は、Qiitaにも少しばかり知見をアウトプットできたのは、良かったと思います。

このブログでは、AR関連でも、いくつかポエムを投下していました。

おわりに

本当は、さらに生活関連のトピックと、仕事で役に立った本と、ベストエンタメ(ゲーム・映画・アニメ)を紹介するつもりだったのですが、長くなったので記事を分けることにしました。

淡々と書いていくつもりが、気づいたらxR(VR・AR)の話ばかりになってしまった…。

こうして1年をふりかえるとき、ブログを続けていると、何があったのかをすぐ見返せるので便利ですね。

とはいえ、今年はあまり記事を書きませんでした。反省です。来年はもっと書こう。

それでは、いったんさようなら!