Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

Webサービスにおけるブランドと世界観、あるいは業界の成熟について

ここ数年前から、Webサービス界隈でも、ブランドや世界観といった言葉をよく聞くようになった。

少なくとも、わたしの周りでは、ということでしかないので、狭い観測範囲の中でそう感じているだけかもしれない。

しかし、ブランドや世界観が関心ごとになってきたのは、一定理に適っている気がする。

思えば、5年くらい前までは、使い勝手が注目されていた。

スマートフォンが一気に普及し、それに伴い、直感的な操作で使いやすいことが重視されるようになった。

段々と「良いUI」のベストプラクティスは集約されていき、プラットフォームによる標準化が進んでいった。

特にスマートフォンアプリの方では、ガイドラインに従うことで、一定の使い勝手は簡単に担保できるようになった。

基本は「iOS Human Interface Guideline」や「Material Design」に従い、あとは自社アプリの文脈に沿って、個別事象をどう捌くかの問題でしかなくなった。

ユーザー目線では、学習コストが下がるため、ソフトウェアの挙動は標準化されていた方が好ましい。

そうすると、UIデザインというレイヤーでは差別化が難しくなるが、その先には何があるのか。

あらためて登場するのが、ブランドや世界観といったキーワードになる。

分かりやすいところだと、配色やフォント、アニメーション、あるいは魅力的なキャラクター。

それらを統合的に活用することで、独自の世界観を構築し、ユーザーの情緒性に訴えかけることで差別化できる。

わたしも含めて、ユーザーは自身のことを合理的に判断すると思い込んでいるが、実際は情緒的な生き物だ。

ほんの少しの、可愛らしい、イケてるという心の揺れが、知らない内に判断に影響を及ぼす。

ブランドや世界観といった話は、既にインダストリアルデザインの領域で、昔から言われてきたことではあった。

しかし、Webサービス界隈も成熟化してきて、徐々に同じようなフェーズに来たのではないかと感じている。

ちなみに、いわゆるUIデザインが好きなデザイナーであれば、これからはVRやARといった領域が面白いだろう。

わたしも、どちらかといえば物事の構造的な部分や、人とシステムの関係性に興味を示すタイプのデザイナーだ。

VRやARはベストプラクティスが何もない状態で、どういう操作をさせれば良いのか、業界全体で模索している段階だ。

何も正解がないからこそ、これからの業界標準を、自らの手でデザインできる可能性を秘めている。

そんなわけで、デザインの中でも、自分はどのレイヤーの事象を考えるのが好きなのか。

言語化しておくと、業界の特徴や成熟度と照らし合わせて、やりたいことを選びやすくなるのかもしれない。

そんなことを思って書いたメモであった。