Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

2018年10月の読書メモ

11月になってしまいました。今年もあと2ヶ月しかないなんて、信じられません。

10月も、相変わらずVRアプリの開発にハマっていて、仕事終わりはずっとUnityと格闘していました。

そのせいか、読書の方はまったく捗らず、今月インプットできたの3冊だけ。

ひょっとして、読書メモをつけ始めてから、もっとも少なかった月かもしれません。

というわけで、10月分の読書メモをお送りします。

知的戦闘力を高める 独学の技法

知的戦闘力を高める 独学の技法

知的戦闘力を高める 独学の技法

 
  • お気に入り度:★★★
  • 媒体:オーディオブック

すでに紙の本を持っていたのですが、audiobook.jpでオーディオブック版が発売されていたので、再度購入しました。

独学について、「戦略、インプット、抽象化・構造化、ストック」という4つのモジュールに分けて、解説されています。

まず、そもそもどのような本を選ぶのかという、戦略について。

そして、ただ漠然と本を読んでいても、仕事につながる知識にはならない。

そのためには、インプットした情報を抽象化・構造化して、どのようなストックすれば良いか。

わたし自身も、

  • 無駄な本を読まないために、ビジネス書は古典的な名著を選ぶ
  • Evernoteに気づきを書き出す
  • このブログに、書評記事として投稿する

といった形で、この本で紹介されているいくつかの手法を取り入れて、独学を行っています。

読んだ本についてブログの記事にしてみると、後から思い出しやすくなり、人にも説明できるようになりました。

何かを独学で身につけていきたいという人は、読むと参考になると思います。

ザ・コーチ

ザ・コーチ - 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』

ザ・コーチ - 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』

 
  • お気に入り度:★★
  • 媒体:オーディオブック

いわゆる「コーチング」について、物語形式で、分かりやすく教えてくれます。

ざっくり言うと、うだつのあがらない営業マンが、外回りでサボるために公園で休んでいたら、成功者と出会う。

そして、「目標の達人」になって、どんどん自己実現をしていくというストーリーです。

そもそも、目標とは何なのか。夢とは。人生とは。

今の仕事にもやもやしている人は、この本を読むことで、何かしらの活路を見出せるようになるかもしれません。

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
  • お気に入り度:★★★★
  • 媒体:オーディオブック

何年も前から持っている本なのですが、ふとした時に、思わず聞き直したくなる一冊です。

わたしの人生のスタンス、といえば大げさですが、この本から受けた影響はとても大きなものでした。

例えば、何かを変えようとして、常に実験し続けること。あらゆる物事に興味を持ち、アンテナを張り続けること。

このようにして、アイデアを掴み取るための準備をしておくこと。

人生や、仕事がマンネリ化していると感じている人には、何かしら刺激を与えてくれるのではないかと思います。

おわりに

今月は、オーディオブックでしかインプットできませんでした。

たまに、いっそのこと全てオーディオブックになっていればいいのに、と思うことがあります。

しかし、読書とオーディオブックは、あくまでも違う行為であるとも思いました。

オーディオブックは、受動的に情報を得ながら、カクテルパーティー効果的に重要な情報をインプットする。

紙の本は、自分で張ったアンテナに注意しながら、能動的に情報をインプットしにいく。

このように、結果として触れる情報は同じだったとしても、インプットの質はかなり異なるのではないでしょうか。

どちらが良いとか、悪いとか、といった話ではなく。11月からは、紙の本の読書も、充実させていきたいものです。

直近は「知識創造企業」を読んでいるのですが、なかなか難しい。しかしながら、随所に琴線に触れるトピックが散りばめられており、非常ワクワクしています。

知識創造企業

知識創造企業

 

このあたりも、しっかりと言語化して、自分で説明できるようになりたいな。

というわけで、今月の読書メモでした。