Tortoise Shell

デザイン、システム開発、ライフハックについてゆるく書きます

くまモンのデザインから学ぶ、細部までこだわることの重要性

神は細部に宿ると言うが、デザインにおいても、もちろん当てはまる。最近それで思い浮かぶのが、熊本のゆるキャラ「くまモン」のことだ。

今でこそ全国的な人気キャラクターだが、ゆるキャラだからといって、ゆるくデザインされたわけではない。

くまモンを制作したのは水野学さんというクリエイティブディレクターである。下記のインタビューを読むと、そのすごさが分かる。

president.jp

まず、アイデア出し。それ以上考えても良い案は出ないとして、どんな案件も30分までしかかけないのだそうだ。だからといって、最後まですいすい作ってしまうのかというと、そうではない。

企画やラフは、あくまでプロジェクトの中では前段階である。後半の「詰め」にこそ、力を入れるべきだと述べられている。つまり、「細部」にこだわっている。

なんと「くまモン」は、詰めの段階で3,000体も制作して精査したというのが驚きだ。

それぞれ、目や鼻の位置がそれぞれ数センチずれているとか、そんなレベルで細かく比べて決定されたのが、あのデザインなのだ。

3,000体というくらいだから、もはやセンチどころかミリ単位なのだろう。