Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くエンジニアが、デザインやプログラミング、ライフハックについてゆるく書くブログです。

十三機兵防衛圏をクリアした。名作だった。

先日、 十三機兵防衛圏をクリアした。名作だった。個人的に良かったところを紹介したい。

十三機兵防衛圏 - PS4

十三機兵防衛圏 - PS4

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: アトラス
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: Video Game
 

ストーリー

わたしの好きな要素が、全てふんだんに盛り込まれていて、テンション上がった。

  • SF(タイムリープ、ロボット、宇宙、その他もろもろ)
  • ジュブナイル(少年少女たちが困難に立ち向かう)
  • 群像劇(複数の主人公)

上記の要素が好きな人は、間違いなくハマると思うので、ぜひ買ってほしい。

他サイトのレビューでもよく言及されているけど、これだけの要素を盛り込んで、それでもストーリーが破綻しないのはすごい。

たくさんの主人公を操作することになるが、いずれも時系列がバラバラなので、集中していないと混乱する。

序盤は分からないことが多すぎてひたすらハテナ状態だが、中盤から後半にかけて全体像がカチッとはまる感覚は爽快だった。

ミスリードも多いので、お、ひょっとしてこういうことか?と思ったら、すぐに裏切られる体験も痛快だ。

SFが好きな人であれば、世界の真実や全体像を予想しながら進めるのも、面白いと思う。

キャラクター

アニメっぽい絵柄は、ペルソナ5でも経験していたけれど、ハマるだろうかと最初は心配していた。

しかし、序盤を終える頃には、13人の主人公たちのことがすっかり好きになってしまった。

13人も主人公がいるのに、皆しっかりキャラが立っているし、個性豊かで面白い。キャラゲーとしても優秀だと思った。

あえて好きなキャラを挙げるのも難しいくらい、南奈津乃、三浦慶太郎、如月兎美、緒方稔二あたりは、クリアする頃には特に好きになった。

はじめは単純にかわいいので冬坂五百里が好きだったけど、声優の演技力だったり、表情豊かなイラストの表現に触れていくうちに見方が変わっていった。

東雲先輩とかは、役回り的にヘイトを買いそうな感じがあるけど、すごく人間味があって良かったと思う。

他にプレイし終わった人の推しキャラとか聞きたい。

戦闘

ターン制のシミュレーションバトルで、戦略性の高いシステムになっていた。

この手の戦闘システムに触れたのは、FFT以来だったが、同じように見た目は地味だけどハマるとずっとやってしまう。

機兵(主人公たちが乗るロボット)の技を解放していったり、強化したりと、やりこみ要素も深かった。

ただパワーで殴るだけではうまくいかなくて、各機兵の特性や技をしっかり把握して、攻守バランスよく戦局を組み立てる必要がある。

とはいえ、機兵をどんどん強化していくと、一発で雑魚キャラを一掃できるような大技も使えるようになるので爽快感もある。

レビューで戦闘パートは余計と言っている人もいたけれど、個人的にはアドベンチャーパートだけだとダレていた気がしたので、良いゲームバランスなのではないかと思う。

考察

ストーリーのところでも書いたけど、全体的に難解なので、振り返って考察しないと全体像が掴めないようになっている。

十三機兵防衛圏では、追想編・崩壊編・究明編という3つのパートを別々にプレイする形式になっていて、究明編がアーカイブパートにあたる。

アーカイブと言っても、ストーリーだけ進めていては分からないディティール部分もあるので、ここで全体像を振り返ることで浮かび上がる洞察も多い。

おそらく、一周クリアしただけでは分からないことも多いので、クリア後にテキストをしっかり読み込んで初めて理解できるのではないだろうか。

ゲーム好きの中には、クリアした後で考察サイトを見て楽しむタイプの人もいると思うのだが、そういう人にはハマる体験だと思う。

自分もそういうタイプの人間だから分かる。

おわりに

最近は海外製のオープンワールドゲームばかりやっていたので、いまさら2Dのアドベンチャーゲームなんてプレイして面白いのだろうかと不安だった。

しかし、実際にやってみるとどハマりしたので、同じような不安があって躊躇してる人は安心して買ってみてほしいと思う。

ハマるかどうかに関しては、冒頭で書いたような要素(SF・ジュブナイル・群像劇)が好きかどうかが大きいと思っていて、こういうのが好きなら絶対に熱中すると思う。

本当にプレイして良かった。名作だった。