Tortoise Shell

デザイン、システム開発、ライフハックについてゆるく書きます

「エンジニアのためのマネジメントキャリアパス」を読んでみた

会社の同僚が「エンジニアのためのマネジメントキャリアパス」をおすすめしていて、デザイナーだけど読むことにした。 なぜそう思ったのかというと、普段接しているからか、純粋にエンジニアのキャリアに興味があったからだ。 もちろんそれだけではなく、わ…

U理論とUIデザイン

最近、U理論という本を、少しずつ読み進めています。 この本は、元々は組織論やリーダーシップ、自己変革といった文脈で語られることの多い名著です。 しかし、事業会社でデザイナーとして働くわたしとしては、デザインの文脈でも非常に学びのある内容だと思…

VRの教科書「バーチャルリアリティ学」を読んだ

先日『バーチャルリアリティ学』という本を読んだのですが、とても面白かったです。 この本は、一般の技術書とは異なり、日本バーチャルリアリティ学会によって編纂されています。 バーチャルリアリティ学 作者: 舘暲,佐藤誠,廣瀬通孝,日本バーチャルリアリ…

VRは「キモい」を乗り越えられるのか。

先日『ミライのつくり方 2020-2045 僕がVRに賭けるわけ』を読み終わりました。 知り合いの方から教えていただいた本だったのですが、読み終わった結果、VRにとても興味が湧いてきました。 VRと言えば、実は数年前に、Unityを使って何かしようとしていた時期…

「カイゼン・ジャーニー」を読み終わった

カイゼン・ジャーニーを読み終わりました。 一言でいうと、アジャイル開発の実践方法を、ストーリー形式で手軽に学べる本になっています。 アジャイルというと、エンジニア組織で実践されているイメージが強いかもしれません。わたしも、アジャイルという概…

「ググる」と言われるようになるまで

先日読んだ「売れるもマーケ 当たるもマーケ - マーケティング22の法則」という本がとても面白かったので、ご紹介します。 なかなか有名な本らしく、電通では必読書とも言われているそうです。(「読書を仕事につなげる技術」の中で紹介されていました。) …

何を読むかより、何を読まないか

最近、本を読んでいて、以前よりも面白いと思うことが少なくなりました。 年を取って、感動が薄れてきたということではありません。(まだそんな年齢ではないはず!) 「この話、前にあの本で読んだな」と気がつくことが増えてきたのです。 数日前にも、歯医…

「みんなで始めるデザイン批評」を読んだ

デザイナーは、批評にさらされることが多い職業です。 アウトプットが視覚的に分かりやすいので、悪い言い方をすれば、誰にでも批評することができてしまいます。 ひょっとすると、この記事を読まれている方の中にも、次のような経験をしたという方がいらっ…

「反論の技術」を読んだ

半年ほど前に、デザイナーのための「議論」入門という記事を書きました。 www.tortoise-shell.net この記事を書いたきっかけは、当時わたしが抱いていた問題の解決方法を整理するためでした。 というのも、当時デザイナーとして、エンジニアやマーケターなど…

「ジョブ理論」を読んだ

知り合いのエンジニアの方に勧められて、『ジョブ理論』という本を読みました。 お堅いビジネス書かと思っていたら、UXデザインに通ずるものを感じて驚きましたし、非常に面白い一冊でした。 著者の「クレイトン・M・クリステンセン」といえば、ハーバード・…

「知的戦闘力を高める 独学の技法」を読んだ

山口周さんの『知的戦闘力を高める 独学の技法』を読みました。 山口周さんと言えば、今でこそ経営コンサルタントとして数多くの著書を発表されています。 しかし、大学時代は美術史を専攻されており、広告代理店を経てから外資系コンサルに転職されたという…

デザイナーのための「議論」入門

つい先日『議論のレッスン』という本を読み終わりました。 タイトルのとおり議論の基礎を教えてくれる本だったのですが、「もっと早くに読んでおけば良かった!」と本当に後悔しました。 議論というと一見難しそうですが、わたしたちは職場でも家庭でも、少…

「生産性 マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの」を読んだ

以前から気になっていた「生産性」という本を読みました。 この本の著者は、マッキンゼーで長年に渡り採用マネージャーを務めた伊賀泰代さんです。 伊賀泰代さんの前著「採用基準」では、マッキンゼーの採用基準を通して、これからの日本に必要となる「リー…

マインドフルネスを少しだけ知ったら、案外役に立ったこと

先日、たまたまセールをしているのを見つけたので、前から少しだけ気になっていたマインドフルネスの本を買ってみました。 タイトルは、「世界のエリートがやっている 最高の休息法」というものです。 世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑…

伝えるためのイラストの描き方を学ぼう!グラフィック・レコーディングについて

会議や仕事用のメモに、ちょっと気の利いたイラストでも描けるようになれたらいいのにな…と思ったことはないだろうか? わたしもそう思って、今までに何冊かイラストのハウツー本を買ってみたことがあるのだが、何かが違う。 わたしが描けるようになりたかっ…

本当に重要な問題に取り組むために。エッセンシャル思考を実践しよう

あなたは最近、本当に重要なことに取り組めていますか? もしもあなたが、 毎日仕事の量が多すぎて残業続きになっている ついつい何でも仕事を引き受けすぎてしまう 同僚や上司からの誘いを断りきれず、家族との時間をないがしろにしている このようなことに…

意思決定を習慣化して生産性を上げる

先日、メンタリストDaiGoの「自分を操る超集中力」という本を読みました。 「超集中力」というくらいですから、超人レベルになるような再現性の低い方法論が書いてあるのではないかと疑っていたのですが、そんなことはありませんでした。 むしろ、ビジネスパ…

デザイナーにとってのリベラルアーツの重要性

最近本を読んでいて、リベラルアーツの重要性について考えるようになりました。 リベラルアーツは、日本語で「教養」と呼ぶことが多いですが、どこかフワッとしていて分かりづらいです。 リベラルアーツは、本来「人々を自由にするための学問」として教えら…

IllustratorとSVGで効率的にデザインする

マルチデバイス対応、めんどくさいよね。(唐突) つい5、6年前まで、WebといえばPCでの閲覧がほとんどだった。 今では、スマートフォン、タブレット、おまけに、これから来るであろうGoogleGlassやAppleWatch等のウェアラブルデバイス。 クリエイターにとっ…

レスポンシブを前提にしたPhotoshopでのカンプ作成

Web業界では、技術の進化やトレンドに合わせて、現場のワークフローも変わり続けている。 数年前までは、PhotoshopやFireworksでしっかりとデザインカンプを作ってスライスを切り、やっとコーディングする流れだったが、それも古くなりつつある。 今日では、…