Tortoise Shell

デザイン、システム開発、ライフハックについてゆるく書きます

デザイン

UI/UXという表記の謎

数年前から「UI/UX」という言葉をよく目にするようになった。 とても不思議な表記だ。意味合い的に、UI and UX なのか。UI or UX なのか。あるいは、1/3のように分数的な意味合いがあるのか。 いずれの場合だったとしても、依然として不思議に思える。 特に…

詰まる所、UIデザインとは何なのか

UIデザインとは何なのか。このブログでは、以前から定期的に取り上げてきた問いである。 これまでと状況が違っているのは、デザイナーの道を歩んできたところから、バックエンドエンジニアを1年間やってみた、という点であろう。 コードを書くことがメインに…

UXという言葉を使わずに表現する

組織内で、UXが良い or 悪い、という言葉がよく使われているのなら、注意しなければならない。 UXという言葉は、単体として用いるには解釈の余地が大きく、認識齟齬を産みやすい。ここでUXの正しい定義を語るつもりはないが、素直に捉えれば、言葉通り「ユー…

デザインのロジックの立ち位置

デザインのロジックについて、たまたま同じ日に、次の2つのツイートを見かけて興味深かった。 「なぜこのようなデザインになったのか」というロジックを説明できないデザイナーは意外と多い。そのほとんどがデザインを感覚でやってしまっているから。そんな…

エンジニアリングには正解があり、デザインには正解がないという誤解

デザイナーだった頃に、「エンジニアリングには正解がある。しかし、デザインには正解がない」という言説を耳にすることがあった。 意味合いとしては、何を作るかという意味において、正解があるかないかということだ。 もちろん、研究開発などは除いた話で…

デザインの単純化

デザインって、どうやって勉強すればいいの?と聞かれたときに、まずやるべきことは、デザインという言葉の解像度を高めることだ。 デザインという言葉は、抽象度が高くあらゆる分野で使える言葉なので、そのまま扱うことはひどく難しい。 デザインも、理解…

事業会社で働くデザイナーのポートフォリオ

随分前のことだが、クックパッドの宇野さんが、事業会社のデザイナーのポートフォリオについて述べられていた。 事業会社若手の「ポートフォリオに載せるものがない」現象をマジメに解決したい。事業会社のデザイナーはわかりやすい実績を得る機会が少ない。…

デザインと実装のずれ、という言葉への違和感

デザインと実装のずれ、という言葉に違和感を持っている。そもそもの認識をアップデートした方が良いのではないか。 デザインと実装のずれとは、デザインしたビジュアルに対して、実装が合わせられていない状態を指す。 つまり、基本的にはデザインしたビジ…

デザインにおける制約の捉え方

デザインにおける制約の捉え方について、しばしば思いを巡らせる時がある。 制約とは、つまるところ、自分の中で基準にしている物差しに過ぎない。 グラフィックデザイナーが、紙のデザインに比べて、Webデザインは自由度が低いと言うのを耳にする。 実際に…

Webサービスでのブランドと世界観

ここ数年前から、Webサービス界隈でも、ブランドや世界観といった言葉をよく聞くようになった。 少なくとも、わたしの周りでは、ということでしかないので、狭い観測範囲の中でそう感じているだけかもしれない。 しかし、ブランドや世界観が関心ごとになって…

デザインを狭義と広義で分けること

これは前から書こうと思っていたポエムなんだけど、デザインを「狭義」と「広義」で分けることが、あまり好きではない。 Twitterを見ていると、たまに「狭義のデザイン」「広義のデザイン」という言い方を目にすることがあって、その度にモヤモヤしていた。 …

UIデザイナーがコードを書くこと

わたしはエンジニアではないけれど、コードを書いて、何かをつくるのが好きだ。 一時期は、仕事でもフロントのコーディングまで関わっていたが、言われがちなのは「越境している」「デザイナーなのにコードも書くなんて偉い」ということだ。 褒めてもらえる…

スクラムにおけるデザイナーの立ち位置

今の会社に転職して、スクラムチームの中で、デザイナーも動くようになった。 かれこれ2年くらい経ったけれど、ずっとモヤモヤしていたのが、スクラムにおけるデザイナーの立ち位置だった。 わたしの観測範囲の中では、スクラムに関する本を読む限り、デザイ…

塩田千春展、PIXAR のひみつ展

森美術館の「PIXAR のひみつ展」と「塩田千春展」に行ってきました。 元々は、PIXARのひみつ展を目当てに行ったのですが、塩田千春展の方が印象に残りました。 上の写真は、展示作品のひとつなのですが、人間の毛細血管のようで圧巻でした。 こうした糸を用…

好きなデザイナーがいなくて、負い目に感じていた

わたしには、ずっと好きなデザイナーがおらず、そのことに少し負い目を感じていました。 「好きなデザイナーは誰ですか?」という質問は、デザイナー同士や、あるいは就職活動の面接でよく聞かれると思います。 わたしの中では、その質問に答えられる人は、…

UIデザインのための統計とSQL

最近、UIデザインのために統計やSQLを勉強する必要性を感じてきました。 今働いている事業会社のデザイナーに転職して、もうすぐ1年が経とうとしています。 そこで、一定の規模を持ったWebサービスの改善に携わってきて、気が付いたことがあります。 それは…

Sketchと合わせて使いたい!オススメのツール4選

突然ですが、あなたの好きなUIデザインツールは何ですか? わたしは、ここ2年ほど変わらずSketchを愛用し続けています。 先月のAdobe MAXでは、Adobe XDもついに「CC」が付いて正式リリースされました。 デザインとプロトタイピングが1つのアプリケーショ…

UIデザインの見積もり

UIデザインの見積もりって難しいと思いませんか? わたし自身、UIデザインの仕事を頼まれたときに、最初は「このくらいでできるだろう」と返事をしたにもかかわらず、実際には時間が足りずに焦る場面を何度も経験しました。 なぜ、わたしはUIデザインの見積…

「UI Crunch #11 金融業界に革命を起こす、FinTechスタートアップのUIデザイン」に行ってきた

UI Crunch #11に「ブログ参加枠」で参加してきました! ui-crunch.connpass.com 今回のテーマは「金融業界に革命を起こす、FinTechスタートアップのUIデザイン」です。 FinTechといえば今最もホットな分野の1つではないでしょうか。 そんなFinTech業界で挑…

情報アーキテクチャ(IA)とは何か?その役割と仕事について

最近わたしの中で、空前のしろくま本ブームが到来しています。 しろくま本というのは「情報アーキテクチャ」という書籍の愛称なのですが、この本がとにかく面白い。 Webサービスやアプリ開発に携わる方であれば、ナビゲーションやラベリングの設計に悩んだこ…

情報ニーズから探るナビゲーション設計(一般的な4つの情報ニーズについて)

Webサービスやアプリ開発に携わっている方であれば、日々追加されていくコンテンツに対してどのような情報設計を行うのか考える機会があると思います。 しかし、多くの現場では、そうした導線設計が場当たり的に行われていることが多いのではないでしょうか…

Webサービスやアプリなど、UIの言葉選びで気をつけたい3つのポイント

突然ですが、あなたはUIデザイナーと聞いてどんな仕事をしているイメージがありますか? Web業界の中でのUIデザイナーといえば、主に画面内のビジュアルを作る人というイメージが強いかもしれません。 しかし、実はビジュアル設計と同じくらいUIデザイナーが…

Sketch歴1年以上でも役に立つ!「Sketch UIデザイナーのためのSketch入門 & 実践ガイド」の3つの良いところ

発売されて話題になってから既に時間は経ってしまいましたが、今更ながら国内初のSketch本こと「Sketch UIデザイナーのためのSketch入門 & 実践ガイド」についてご紹介したいと思います。 UIデザイナーのための Sketch入門&実践ガイド 作者: 吉竹遼 出版社/…

『Design-JP 第2回 勉強会 : インタラクション』に参加してきた

先週の5月10日(水)に、Design-JPという勉強会に参加してきました。 第2回目の開催ということでしたが、今回のテーマは「インタラクション」でした。 インタラクションというと、辞書的には「相互作用」という意味が書いてありますが、デザインの文脈にお…

UIデザインの上達に模写(トレース)は有効か

最近、UIデザインの上達方法として「UI模写」が注目されています。 UI模写とは、スクリーンショットを見て、それをPhotoshopやSketchといったツールで完璧に再現する作業のことです。 なぜ、UI模写が注目されるようになったのか。また、どうしてUIデザインの…

デザイナーLT&交流会に行ってきた!(BASE×ノハナ×マネーフォワード×みんなのウェディング)

先日、渋谷で開催されたデザイナーLT&交流会に行ってきました。 マネーフォワード、nohana、BASE、みんなのウェディング…の4社から、それぞれのデザイナーさんが「サービスの成長」をテーマに登壇されるということで、とても豪華なラインナップでした。 実…

なぜ大規模Webサービスにはデザインガイドラインが必要なのか

あなたは、デザインガイドラインという言葉を聞いたことがありますか? デザインガイドラインとは、言葉の通り「どうやってデザインするかを判断するための指針」となるものです。 デザインガイドラインと聞いても、有名な広告会社やIT企業の話だと思われる…

現役デザイナーが教えるUIデザインの勉強方法

こんにちは。デザイナーのtamuです。 突然ですが、UIデザインをイチから勉強するにはどうすればよいと思いますか? サービス開発の現場でも「UIデザイン」という言葉が使われるようになって、早くも5年以上は経ったでしょうか。 しかし多くの現場では、未だ…

UXとは、どこからどこまでを指すのか。

あなたは、UXという言葉をどう捉えていますか? 最近、Webサービスやアプリ開発の現場でしきりに用いられている「UX」という言葉ですが、個人的にはとても幅を持った言葉として使われている印象を持っています。 例えば、企業によってはプロトタイピングやカ…

絵が苦手なデザイナーにもおすすめしたいボールペンイラスト

デザイナーというと、それだけで絵を描くことがうまいようなイメージを持たれがちですが、実際はちょっと違います。 ひとくちに「絵」といっても、色々と種類があります。 例えば、西洋絵画のような写実的な絵から、ゆるキャラのような平面的なキャラクター…