Tortoise Shell

デザイン、システム開発、ライフハックについてゆるく書きます

デザインにおける制約の捉え方

デザインにおける制約の捉え方について、しばしば思いを巡らせる時がある。 制約とは、つまるところ、自分の中で基準にしている物差しに過ぎない。 グラフィックデザイナーが、紙のデザインに比べて、Webデザインは自由度が低いと言うのを耳にする。 実際に…

Webサービスでのブランドと世界観

ここ数年前から、Webサービス界隈でも、ブランドや世界観といった言葉をよく聞くようになった。 少なくとも、わたしの周りでは、ということでしかないので、狭い観測範囲の中でそう感じているだけかもしれない。 しかし、ブランドや世界観が関心ごとになって…

デザインを狭義と広義で分けること

これは前から書こうと思っていたポエムなんだけど、デザインを「狭義」と「広義」で分けることが、あまり好きではない。 Twitterを見ていると、たまに「狭義のデザイン」「広義のデザイン」という言い方を目にすることがあって、その度にモヤモヤしていた。 …

UIデザイナーがコードを書くこと

わたしはエンジニアではないけれど、コードを書いて、何かをつくるのが好きだ。 一時期は、仕事でもフロントのコーディングまで関わっていたが、言われがちなのは「越境している」「デザイナーなのにコードも書くなんて偉い」ということだ。 褒めてもらえる…

デザイナーの給与の上げ方

上司との1on1で、「今後どうやって給料を上げていきましょうか?」という話を、よくしてもらうようになった。 今の会社に入ってもうすぐ3年だけど、1年目はジュニアクラス、2年目はリーダークラスとステップアップし、今はスペシャリストかマネージャーかの…

Slackのtimesチャンネル(分報)に思うこと

IT業界の中で、Slackのtimesチャンネル(分報)を設けているという事例を、ここ数年で聞くようになった。(以下、「times」と表記) timesというのは、ひとことで表すと社内版Twitterで、チャンネルの開設者が好きなことをつぶやく場所である。 人の多いチャ…

「エンジニアのためのマネジメントキャリアパス」を読んでみた

会社の同僚が「エンジニアのためのマネジメントキャリアパス」をおすすめしていて、デザイナーだけど読むことにした。 なぜそう思ったのかというと、普段接しているからか、純粋にエンジニアのキャリアに興味があったからだ。 もちろんそれだけではなく、わ…

スクラムにおけるデザイナーの立ち位置

今の会社に転職して、スクラムチームの中で、デザイナーも動くようになった。 かれこれ2年くらい経ったけれど、ずっとモヤモヤしていたのが、スクラムにおけるデザイナーの立ち位置だった。 わたしの観測範囲の中では、スクラムに関する本を読む限り、デザイ…

塩田千春展、PIXAR のひみつ展

森美術館の「PIXAR のひみつ展」と「塩田千春展」に行ってきました。 元々は、PIXARのひみつ展を目当てに行ったのですが、塩田千春展の方が印象に残りました。 上の写真は、展示作品のひとつなのですが、人間の毛細血管のようで圧巻でした。 こうした糸を用…

「虫展 −デザインのお手本−」に行ってきました

21_21 DESIGN SIGHTで開催されている、「虫展 −デザインのお手本−」に行ってきました。 21_21 DESIGN SIGHTの展示は、いつも面白いものが多く、館内もちょうどよく回れる広さで快適です。 虫展と聞くと、標本がたくさん並んでいるような風景を想像されるかも…

電脳コイルと、本物の定義

注:ネタバレを含んでいます 電脳コイルの最終話を見終わりました。 メガネの子供たち 発売日: 2018/11/09 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 元々のきっかけとしては、「VRやARに興味があるなら、電脳コイルは見ておいたほうがいい」という…

好きなデザイナーがいなくて、負い目に感じていた

わたしには、ずっと好きなデザイナーがおらず、そのことに少し負い目を感じていました。 「好きなデザイナーは誰ですか?」という質問は、デザイナー同士や、あるいは就職活動の面接でよく聞かれると思います。 わたしの中では、その質問に答えられる人は、…