Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

購入したオーディオブックが100冊を超えたので、良かったことを振り返る

Lr43_L1000063

先日、ついに購入したオーディオブックが100冊を超えました!

オーディオブックとは「音で聴く本」のことで、プロのナレーターが本の内容をそのまま朗読したものが収録されています。

初めは興味本位で聞き始めたのですが、気づけば3年間もオーディオブックを聞く生活を続けています。

振り返れば、オーディオブックを聞く習慣を続けたことで、わたしの生活は随分と良いものになりました。

そこで今回は、オーディオブックの購入数が100冊を超えたということで、オーディオブックを聞き続けて良かったことを振り返ってみたいと思います。

また、各章ごとにおすすめのオーディオブックをご紹介していますので、参考になれば幸いです。

論理的な考え方が身についた

まず、オーディオブックを聞く生活を続けたことで、以前よりも論理的に物事を考えられるようになりました。

例えば、わたしはWebデザイナーの仕事をしているのですが、以前よりも仕事相手に「どうしてこのようなデザインにしたのか」ということを筋道立てて説明できるようになったのです。

一見すると、ただ仕事を通して経験値を積んだからだと思われるかもしれません。

しかし、相手に筋道立てて説明できるようにするための枠組み(フレームワーク)などは、全てオーディオブックから学びました。

論理的思考を身につけられた2冊

お金についての知識が身についた

投資や資産運用、はたまた税金のことまで。

お金についての勉強は、いつかしようと思っていてもなかなか行動に結びつかないものです。

その点オーディオブックであれば、ただ通勤中に聞き流すだけで知識が身についてしまうので相性抜群でした。

特に投資については、これまで自分には無縁と思っていたにも関わらず、実際にオンライン証券口座を開くところまで行動につなげることができました。

口座開設が済んだら、今度は確定拠出年金にもチャレンジしてみようかなと思っています。

お金の教養を身につけられた2冊

健康をより意識するようになった

オーディオブックを聞くようになってから、運動や健康などライフハックに関する知識も入ってくるようになりました。

そのため、これまでよりも健康を意識して生活できるようになりました。

具体的には、1年前から筋トレを始めたり、食生活でもタンパク質を意識してメニューを選ぶなど確実に行動が変わったと思います。

特に食事の質が仕事のパフォーマンスや集中力を左右するということを知れたというのは、わたしの中でも大きな収穫でした。

健康に関する知識を身につけられた2冊

教養の面白さに気付けるようになった

世の中の多くの社会人は、いったん大学を出てしまうと、いわゆる一般教養を勉強しなくなってしまうのではないでしょうか。

しかし実際には、社会人になって仕事に関する専門知識が身につくからこそ、教養の面白さに気付くことができます。

そのきっかけを作ってくれたという意味で、オーディオブックにはとても感謝しています。

特に池上彰さんのオーディオブックには外れがなく、政治・経済・宗教など様々なジャンルについて分かりやすく解説されているのでおすすめです。

教養を深められた2冊

おわりに

この記事を書くために今まで購入したオーディオブックを見直していたのですが、改めて振り返るとたくさんのオーディオブックを聞いてきたんだなとしみじみした気持ちになりました。

たまに「本を読んでも、実際の行動は変わらない」と言う方もいらっしゃると思います。

しかし、オーディオブックで勉強したことに関しては、どれも実際に行動につながっているということに気がついて驚きました。

食事や間食の選び方が変わったり、運動するようになったり、仕事での提案の仕方が変わったり、オーディオブックは確実にわたしの生活をよくしてくれました。

100冊のオーディオブックを聞き終えた今、あらためて「オーディオブック最高!」と言わせていただきたいと思います。

興味のある方は、ぜひ試してみてくださいね。

関連する記事