Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

朝りんご生活にハマっています

https://www.instagram.com/p/BSDcY-Xg5KD/

Instagram

最近、朝りんご生活にハマっています。

朝りんごというのは、朝食にデザートとしてりんごを付けるということではなく、朝食を丸ごとりんご1個だけに置き換えるということです。

とりあえず1ヶ月ほど試してみて、とても良い感じだったので、どうしておすすめなのか記事にしてみようと思い至りました。

わたしと同じ20代男性で、いつも面倒で朝食を抜いている人や、もう少し健康に気を使いたいと思っているような人には特に向いているので、ぜひ試してみてほしいと思います。

朝りんごは仕事の生産性を上げる

りんごは、いわゆる低GI食品として知られています。

GIというのは、一定時間の間に血糖値を上昇させるスピードを表したものなので、りんごはゆっくりと血糖値を上昇させてくれる食品ということになります。

ちなみに、りんごやバナナ、玄米など自然の状態に近い食品ほど低GIで、白米や食パンなどの加工食品は高GI食品であることが多いです。

一見すると、高GI食品の方が手っ取り早く血糖値を上げてくれる分、すぐに脳に栄養を送りたいときには良いのではないかと思うかもしれませんが、そうでもありません。

というのも、高GI食品は、血糖値を素早く上昇させる分、下降するのも早くなるからです。

そして、血糖値の急激な変化はストレスの原因となり、集中力を散漫にさせます。

そのため、朝食にりんごを食べることによって、血糖値をゆるやかに上昇させることができ、午前中の集中力を持続させることができます。

また、実際にりんごを食べてみると分かるのですが、食物繊維が豊富な分、腹持ちも良いのでお昼前に急激に空腹になるということもありません。

朝りんごは効率的な食事方法

わたしが朝りんご生活を試し始めて、最もメリットを実感しているのが「時間がかからない」ということです。

準備にも時間がかかりませんし、後片付けにも時間がかかりません。

というのも、りんごを軽く洗って、そのまま丸かじりしているからです。

皮を食べるのに抵抗があるという方もいるかもしれませんが、りんごの栄養は皮の付近に豊富に含まれています。

そのため、ぜひとも皮ごと食べることをおすすめします。

りんごの丸かじりというのは、慣れてくるとなかなかクセになってくるもので、毎日食べ続けていると、だんだんキレイに食べられるようになってきます。

なので、食べ終わったら、最後に余ったりんごの芯だけを生ゴミに捨てて、それだけで後片付けも完了してしまうのです。

この効率の良さは、面倒くさがりの独身男性などには最適だと言えるでしょう。

ちなみに、「やはり切って食べたい…」という方は、りんごカッターを使うと一瞬でカットりんごが完成するのでおすすめです。

【あっという間にリンゴを8等分】 ギザ刃 フルーツカッター

【あっという間にリンゴを8等分】 ギザ刃 フルーツカッター

 

朝りんごはリーズナブル

りんごは、フルーツの中では比較的リーズナブルです。

さすがに、バナナや食パンに比べると1食あたりの単価は高くなりますが、その栄養価や健康効果を考えれば、はるかにコストパフォーマンスの良い食品です。

また、八百屋やネットショップであれば、スーパーよりもさらに安い価格で買えることもあるので、そちらもチェックしていただきたいと思います。

わたしも、最初は近所のスーパーで4個入り400円くらいのりんごを買っていたのですが、近所の八百屋では300円くらいで買えることに気づき、りんごはそちらで買うように切り替えました。

ネットショップではまだ買ったことはないのですが、そのうち試してみたいと思います。

(りんごの保存期間は2週間〜1ヶ月くらいと言われているので、まとめ買いして途中で傷んでしまわないかが心配です)

朝りんごはダイエットを助ける

わたしは元々痩せ型なのであまり気にしていませんが、朝りんごはダイエットしたいと考えている方にも大変おすすめです。

わたしと同じように20代独身のサラリーマンだと、食事はつい外食やコンビニ弁当ばかりになってしまっている方も多いのではないでしょうか。

そうすると、どうしてもカロリー過多で野菜が不足しがちな生活になってしまいます。

そこで、毎日の朝食をりんごに置き換えれば、無理をせずに1日の摂取カロリーをおさえられるようになります。

りんご1個のカロリーは、だいたい150kcal前後なので、ダイエットしたいという方には最適です。

「そんなに低カロリーで、すぐにお腹が空いてしまうのでは?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、その心配もありません。

先述したように、りんごは食物繊維たっぷりで、しっかりと咀嚼しなければ食べられないので、腹持ちが良く、血糖値もゆるやかに上げてくれるのです。

おわりに

イギリスには「1日に1個のりんごで医者いらず」ということわざがあるそうです。

わたしはまだ朝りんご生活を始めて1ヶ月程度なので、そこまで効果を実感しているわけではありませんが、やはり午前中に集中力が持続するようになったり、肌荒れが改善したりと、一定の影響を実感しています。

もしも普段朝食を食べていなかったり、荒れた食生活を送っているのであれば、ぜひとも朝りんご生活を試してみてはいかがでしょうか。

朝はりんごを食べなさい

朝はりんごを食べなさい

  • 夏木マリ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes