読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tortoise Shell

デザイナーによる、デザインやライフハックブログです。

考え方を変えたいなら、ただイヤホンを耳に入れるだけでいい

listen

こんにちは、tamuです。

今日は、「考え方」を変える方法について書きたいと思います。

もしあなたが、自分の「考え方」で以下のような悩みをお持ちであれば、今回の記事が役に立つかもしれません。

  • 何事もネガティブに捉え、マイナスに考えてしまう
  • 「こうあるべきだ」という自分の考え方に苦しんでいる
  • 進歩が無く、ずっと同じ場所を堂々巡りしているような気がする

あなたの考え方のルーツはどこから来たか

突然ですが、あなたは現在の「自分の考え方」がどうやって生まれたのかについて考えたことはありますか?

「自分の考え」とは、言い換えれば、あなたの「既成概念」です。

こうした既成概念は、“あなたらしさ”を作り出している反面、「こうあるべきだ」「これが常識なのだ」と、あなたを束縛し、苦しめる要素にもなり得ます。

こうした既成概念は、まちがいなく社会から影響を受けて形成されたものでしょう。

社会という言い方をすると大きな事のように聞こえるかもしれませんが、「自分にとっての社会」というものは、案外小さいものです。

特定の考え方が定着するきっかけ

よく、ブラック企業では「お前なんか他の会社で通用するものか!」と社員に詰めることで思考停止させ、八方塞がりのまま働かせ続ける…というケースがあるようですね。

これも、ある意味で既成概念を植え付けることによって縛り付けていると言えるでしょう。

こうなれば、「自分は駄目なんだ」という考え方が染み付いてしまい、自己肯定感は下がってしまい、自分で考えることも苦痛になってしまうものです。

健康な精神状態をしていれば、「お前なんか他の会社で通用するものか!」などと言われたところで、「別に、この会社だけがすべてじゃないし、通用する会社は他にもいっぱいあるさ」と思えるはずなのですが…。

さて、話を戻すと、要するにあなたの考え方というものは、あなたの属する社会に影響を受けて形成されるということです。

それは、小さい頃は両親だったでしょう。中学生、高校生になれば周りの友達。大人になれば会社の同僚や上司になります。

そうした、あなたと付き合ってきた人たちの「価値観の平均」が、現在のあなたの考え方を作っているのです。

考え方を変えることは簡単だ

こうした、長年にわたって形成されたあなたの考え方。

それを変えることは、一見すると難しいことのように思えるかもしれません。

しかし、実際はものすごく簡単なことなのです。

それは、オーディオブックを聴く習慣を付けるということです。

あなたはただ、ちょっとしたスキマ時間にイヤホンを耳に突っ込んで、ただぼーっとしているだけで良いのです。

注)オーディオブックの概要や効果についての説明は、下記の記事で詳しく解説しています。「そもそもオーディオブックってなに?」という方は、先に下記の記事からご覧ください。 

オーディオブックは一方的に喋る親友

なぜ、オーディオブックを聴く習慣を付ければ、考え方を変えることができるようになるのでしょうか?

ところで、人間というのは、ぼーっとしていると、どうしても心配事やネガティブなことばかり思い浮かべがちですよね。

そのため、ただ“空白のような”ぼーっとしてる時間を作らないように、通勤時間や、家事をしてる時間、筋トレやランニングをしている時間に、オーディオブックでポジティブな音声を聞くと良いのです。

そうすると、だんだんと「一番の親友がオーディオブック」といった具合になってきます。(一方的にしゃべってくる賢い友達です)

そんなオーディオブック君(擬人化)との付き合いがある程度長くなってくると、自分である変化に気がつくようになるのです。

まさに、「考え方」がじわじわと変わっているということに…。

音声による洗脳効果

では、オーディオブックでポジティブな音声を何回も聴き続けることで、どんな変化が訪れるのでしょうか?

例えば、以前までは「そんなことはどうせ無理だ」とか、「そんなことやる気にならない」と思っていたようなことが、気づけば「当たり前だろ?何回も同じこと言うなよ!」といった精神状態になってきます。

同じことを、二人きりで、何回も、何回も、何回も耳元で聞かされるからです。

はい、完成しました。

あなたはもう、冒頭で述べた下記のような悩みを克服していることでしょう。

  • 何事もネガティブに捉え、マイナスに考えてしまう
  • 「こうあるべきだ」という自分の考え方に苦しんでいる
  • 進歩が無く、ずっと同じ場所を堂々巡りしているような気がする

計り知れない音声のメリット

オーディオブックの一番のメリットは、やはり音声で何回も聴けることにあります。

あなたは、ビジネス書や自己啓発書を読んでいても、ほとんどの人が変わることができない理由がおわかりですか?

簡単なことです。一回読んだだけで満足して、内容を忘れてしまうからです。

とは言え、そういった方々の気持ちはとてもよく分かります。

あまり本を読まない人の場合、本というものは、読むのに相当なエネルギーを消耗しますよね。

なんというか、「えいや!」という勢いが必要になるのです。

しかし、音声ならそうしたエネルギーは何ひとつ必要ありません。

音声なら、聴いているだけで勝手に本の内容が頭に入ってくるからです。

この手軽さゆえ、本の内容を何度も聴き直す習慣が身につくのです。

集中して聴く必要もない

さらに、オーディオブックは聴き流す程度でも効果を得ることができます。

あなたは、カクテルパーティー効果というものをご存知でしょうか?

人間の耳というのは、がやがやした雑踏の中でも、自分に必要な情報だけは聞き取ることができるのです。

そのため、ぼーっと聞いていたとしても、後で振り返ってみたら意外と内容を覚えていたりするものです。

これは、実際にオーディオブックを体験した者にしか分からないかもしれません。

大前研一に学ぶ自己変革の方法論

もしもオーディオブックを聴く習慣を身につけることができたなら(…といっても、ただスキマ時間にイヤホンを耳に突っ込むだけで良いのだが)、あなたの生活の質はガラッと変わることになるでしょう。

「企業参謀」で有名な経営コンサルタントの大前研一さんは、人間が変わろうと思ったら、次の3つの方法しかないと説いています。

  1. 時間配分を変える
  2. 付き合う人を変える
  3. 住む場所を変える

この中で最も効果が高いのは、当然ながら「住む場所を変える」ということです。

なぜなら、環境を変えれば、おのずと対人関係も時間配分もがらっと変わることになるからです。

ということで、本来は自分の価値観をガラッと変えたければ、環境を変えてしまうことが一番なのですが、なかなか「言うは易く行うは難し」ではないでしょうか。

オーディオブックはあなたの生活の質を変える 

そこで、オーディオブックの出番というわけです。

オーディオブックの場合、一見すると「1.時間配分を変える」事のように思えるかもしれませんが、実際は「付き合う人を変える」ことにもつながります。

なぜなら、本当にきちんとスキマ時間にオーディオブックを聴く習慣が身についていれば、オーディオブックはもはや友達のような感じになってくるからです。(とても真面目に言っています!笑)

つまり、「1.時間配分を変える」「2.付き合う人を変える」の2つを同時に行うことができるのです。

これって、とても画期的だと思いませんか?

運動と組み合わせれば最高のライフハックに

オーディオブックは、運動との相性が最高です。

ダラダラと同僚と愚痴を言い合っている暇があったら、イヤホンを耳に突っ込んで筋トレでもしましょう。

そうすれば、筋トレによるテストステロン分泌と、オーディオブックによる洗脳で、相乗効果を得ることができるのです。

まさに、「肉体 + 精神」の両方から変わることができるようになります。

考えてもみてください。

筋トレ + オーディオブック。この2つの組み合わせほど、有意義な時間の使い方が他にそうそうあるでしょうか?

想像してみてください。

もしもあなたがそんな習慣を何年も続けてることができたなら、あなたは一体どうなってしまうと思いますか?

そう、「てつじん」になれることでしょう。「鉄人」かつ「哲人」です。

オーディオブックを手に入れよう

さて、そろそろオーディオブックが欲しくなってきた方のために、オーディオブックを手に入れる方法についてご紹介したいと思います。

結論から申し上げると、FeBeというオーディオブック配信サイトが最もおすすめです。

FeBeは、国内最大手のオーディオブック販売会社で、最新のビジネス書から、定番の小説まで、豊富なラインナップが魅力的です。

ちょっと前に、AmazonもAudibleというオーディオブック配信サービスを開始しましたが、こちらはまだまだラインナップが微妙です。

やはり、出版系は権利関係がややこしいからか、Audibleは日本の出版業界にはそこまで参入できていないのでしょう。

その点、FeBeの運営会社である「オトバンク」は、何年にも渡り出版社や作家に対して地道に営業活動を続けてきたためか、こうして豊富な品揃えを実現できています。

ぜひ、FeBeサイトを覗いてみてください。

わたしのおすすめオーディオブック6選

最後に、わたしのおすすめのオーディオブックを紹介して、筆を置きたいと思います。

現在わたしは70冊程度のオーディオブックをFeBeで購入し所有しているのですが、今回ご紹介するオーディオブックは、すべてこの中からわたしが実際に聴いてよかったものだけを厳選しています。

1.影響力の武器

書影
[オーディオブック版]
影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか
著者:ロバート・B・チャルディーニ/著、 社会行動研究会/訳
再生時間:14時間38分
オーディオブック配信サービス「FeBe」

人を説得して商品を売ったり、自分の思い通りに動かしたりといった手法は、実は何十年も前から研究され尽くしており、この本で体系的に学ぶことができます。

この本を読めば、あなたの周りの人間が、あなたにどのように影響力を行使し、動かそうとしているのについて理解することができるようになります。

あなた自身が強くなるために、そしてなりより、そうした影響力の武器を駆使してあなたを陥れようとする人々に対して対抗するために、この本で学んでください。

2.史上最高のセミナー

書影
[オーディオブック版]
史上最高のセミナー 完全版
著者:マイク・リットマン、ジェイソン・オーマン/著、河本隆行/監訳
再生時間:9時間38分
オーディオブック配信サービス「FeBe」

この本は元々「ビリオネア(億万長者)との対話」というタイトルで出版されていたものです。

「金融」「マーケティング」「自己啓発」など、様々な分野で成功した億万長者たちに対して、ラジオパーソナリティであるマイク・リットマンが自身の番組の中で彼らに成功の秘訣を聞き出す…という内容になっており、その顔ぶれはまさしく豪華そのものです。

「史上最高のセミナー」という邦題のせいで、うさんくさいイメージを持たれている気がして残念ですが、ぜひおすすめしたい一冊です。

3.仕事は楽しいかね?

書影
[オーディオブック版]
仕事は楽しいかね?
著者:デイル・ドーテン/著、野津智子/訳
再生時間:3時間58分
オーディオブック配信サービス「FeBe」

ちょっと前に「レールに沿った人生」という言葉がはてな界隈でも話題になりましたね。

この本はまさしく、そうした予定調和的な人生に諦めを感じて希望を持てないでいるビジネスマンが、一人の老人との対話を通して成功者の考え方を身に着け、主体性を発揮して成功できるようになるという物語になっています。

気持ちが堂々巡りのようになって行き詰っているビジネスパーソンにぜひおすすめしたい一冊です。

4.嫌われる勇気

良くも悪くもタイトルのせいで、「人から嫌われても自由なことをやり通せ!」という精神論的なありふれた自己啓発書のように誤解されることも多い一冊ですが、実際には心理学の本です。

それも「劇薬」とも評されるアドラー心理学について、物語形式で学べる一冊となっています。

アドラー心理学の考え方を知れば、あなたの対人関係についての悩みは“ある意味で”消えるかもしれませんが、刺激が強すぎるだけに、一度知ってしまえば、アドラー心理学が提示する命題と、何十年も向き合う羽目になるかもしれません。

そんな、刺激的な一冊です。

5.白い猫は何をくれた?

マーケティングについての本です。

うだつの上がらない広告会社勤務の主人公が、ひょんなことから出会ったしゃべるネコに、BASIC理論というマーケティングのフレームワークを教わり、大勝負のコンペに臨む…という物語です。

ライバルとの差別化や自身の強みの発見方法など、ビジネスマンであればBASIC理論は大いに役立つことでしょう。

6.BORN TO RUN

最後に、おまけ的な一冊です。

「人(ヒト)は、走るために生まれてきた」とは、この本の中で語られている名言で、ある意味でランニングについてのバイブルとも呼べる一冊かもしれません。

それほどまでに、宗教的といっていいほどの力強さを感じる本です。

この本を読んで走ることの悦びを自覚したあなたは、もう元のあなたには戻れないかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?

わたしはオーディオブックが好きで、たまにこうしたオーディオブックの良さを伝えるための記事を書いています。

オーディオブック愛が溢れてしまったせいか、今回の記事はいつもより熱いテンションの文体になってしまいました。

ひとりでも多くの方に、オーディオブックを活用して、考え方を変えるきっかけにしてもらえたら嬉しく思います。

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました。