Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

戦略家か作業者か…『UX戦略』が示す、デザイナーのこれからのキャリア

Strategy

先月発売されたばかりのオライリーの新刊UX戦略を読んでいます。

この本の中では「MBAの教科書?」と思うくらい、経営やマーケティングについての話題が出てくることに驚きました。

これから、デザイナーもどんどん企業の戦略的なレイヤーを担うことが求められるようになるのだろうか…という予感を感じる一冊になっていました。

注目されるUXデザイン

最近、この手のUI/UXを取り扱っている本を読んでいて感じることが多いのですが、『UX戦略』がそうであるように、従来のデザインの本には載っていなかったような、経営やマーケティングなどの戦略面での話が語られるようになってきました。

UX戦略は、それ自体が経営やマーケティングの戦略そのものになり得ますし、妥当な流れかもしれませんね。

それを裏付けるように、数年前からマッキンゼーをはじめとするコンサルティングファームが、有名デザイン会社を買収したというニュースが聞かれるようになりました。

UXデザインが、会社の戦略そのものになってきているのです。

デザイナーも経営やマーケティング戦略を学ぶ時代へ

上記の事から考えると、コンサルティングファームがデザインのリソースを獲得しにきているのであれば、反対にデザイナーもコンサル流の戦略的思考やフレームワークを学ぶ時代になっていくのかもしれません。

そして、これはデザイナーの今後のキャリアを考える上でも重要なことかもしれないのです。

なぜなら、デザインが企業の戦略と共に語られるものとなった時、デザイナーも経営者や事業部長、マーケティング担当者と同じレイヤーで戦略についての話ができるよう学ばなければ、あなた(デザイナー)の提案は受け入れられなくなるからです。

その結果、真に創造性を発揮できるようなデザイナーのポジションは得られず、PhotoshopやSketchを駆使してビジュアルを作るだけの「作業者」に留まってしまうことになるかもしれません。

「戦略家」になるか、ただの「作業者」になるか…今後の身の振り方によって、大きく変わることになるでしょう。

UXデザイナーはMBAを取った方がいいの?

UX戦略』で語られている内容は、いつも会社の中で作業者としてデザインやコーディングを行っている人が先入観を持たずに読むと、ただの小難しい、抽象的な話をしているだけの「意識高い系な本」にしか見えないかもしれません。

しかし、デザイナーやプログラマーなど、いっけん経営やマーケティングなどの戦略的なレイヤーと馴染みがない職種だったとしても、今後より価値あるデザインやエンジニアリングを任せてもらえるようになるために、UXについて学ぼうという姿勢を持っても、損にはならないのではないでしょうか。

ただし、だからといってデザイナーがMBAの学位を取る必要があるのかといえば、必ずしもそうではないと思います。

また、そのことは『UX戦略』の中でも一部で触れられている。

まとめ

ここまで、UX戦略とデザイナーの立ち位置について書いてきましたが、やはり重要なのは、あくまで戦略的なレイヤーにいる人達と、同じレベルで会話ができることなのではないでしょうか。

それは、例えばWebデザイナーが、技術のことも積極的に知ろうと努力したほうが、エンジニアと連携して仕事が進めやすくなる…という理由とそう変わらないように思います。

そして、何はともあれ、デザイナーが経営やマーケティングなど戦略についても学ぶようになってきたというのは、悪い話ではないのではないでしょうか。

ぜひとも、わたし自身もこの本をきっかけにして、経営やマーケティングにも、さらに興味を持てたらいいな…と思うばかりです。

少し値段はしますが、おすすめの一冊です。

UX戦略 ―ユーザー体験から考えるプロダクト作り

UX戦略 ―ユーザー体験から考えるプロダクト作り

  • 作者: Jaime Levy,安藤幸央,長尾高弘
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2016/05/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

もっと具体的な方法論やワークフローなどが知りたいよ!という方は、『UX戦略』よりも、こちらの本がおすすめです。(内容も連動しています)

Lean UX ―リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン (THE LEAN SERIES)

Lean UX ―リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン (THE LEAN SERIES)

  • 作者: ジェフ・ゴーセルフ,坂田一倫,ジョシュ・セイデン,エリック・リース,児島修
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2014/01/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

おすすめ記事セレクション