読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tortoise Shell

デザイナーによる、デザインやライフハックブログです。

落語家に学ぶ、レイアウトデザインの原則

http://www.flickr.com/photos/39873055@N00/2855183595

photo by vera46

プロの落語家は「沈黙(間)」を演出する

プロの落語家さんは、わざと話の中に「間」を設けるのだそうです。

なぜかというと、「間」を設けることで、お客さんは話の内容について想像する時間ができます。

そうして想像力をかきたてることで、話の内容を面白くしているんです。

この間の取り方は習得するのも難しいらしく、

初心者は、沈黙を恐れてしまって、つい矢継ぎ早に話してしまいがちなのだそうですね。

下記のインタビュー記事でも、笑点の歌丸師匠が「間」の重要性について話していらっしゃいました。

vol.022「落語家にとって一番大事なのは「間」」 - PLAZA INTERVIEW

―― 落語家として、師匠が大事にされていることは何ですか。
私たちがいちばんこしらえなきゃいけないもの、これは「間」です。
早く自分の間をこしらえた人が勝ちですね。
同じ噺をやっても、お客様に受ける人と、まるで受けない人がいる。
どこに違いがあるかというと、間なんですよ。
間以外に何もない。

 さてさて、「間」といえば、デザインにおいても「間」を活用した技術がありますよね!

そう、「レイアウト」の技術です。

落語と同様に、レイアウトでも「間」の使い方が全体の印象を大きく左右するのです。

デザインにおける「間」の活用とは?

レイアウトというと、「要素を埋めていく」というイメージが強いかもしれません。

しかし、本当に重要なのは「ホワイトスペース(何も無い場所)」の設計なのです。

落語における間が「沈黙」ならば、

レイアウトにおける間は「ホワイトスペース」といえます。

デザインを学び始めたばかりの初心者は、つい要素を埋めることだけに注目しがちです。

しかし、ホワイトスペースの設計も同じくらい重要なのです。

例えば、ホワイトスペースを広めに取ることで落ち着きや高級感、ゆったりとした印象を作ったりすることができます。

反対に、わざと狭めることで賑やかさを演出したり、インパクトを出したりすることもできます。

このように、作品全体の印象に大きな影響を与えるほど、ホワイトスペース(間)の取り方は重要なのです。

おわりに

初心者デザイナーの方は、ぜひデザインの沈黙(間)を恐れず、むしろ味方につけられるよう積極的に試行錯誤してみてください。

レイアウトについて、体系的に原理原則を抑えつつ学びたいのであれば、下記の書籍がおすすめです。

こちらも、参考にしてみてください。 

デザインのルール、レイアウトのセオリー。

デザインのルール、レイアウトのセオリー。

 

おすすめ記事セレクション