読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tortoise Shell

デザイナーによる、デザインやライフハックブログです。

Sketchって流行ってるけど、正直どうなの?

f:id:tamusan100:20150903011246p:plain

最近、Sketchを使うデザイナーが増えてきているようですね。

とはいっても、まだそれほどメジャーではないので、使ったことがないという方も多いと思います。 

そんな方のために、こんな人は乗り換えてもいいかもね!というパターンをまとめてみました。

こんな人はSketchに乗り換えてもいいかも!

アプリのUIデザインをしているデザイナー

FIreworksのように、ページを扱うことができるので便利です。

もちろん、シンボル、テキストスタイル、共有スタイルなど、共通のスタイルやオブジェクトを一元管理できます。

スタイルをすぐに書き出せるのもいいですね。

エンジニアさんとの連携が多いデザイナー

Sketchを持っていない人ともデザインが共有できるZeplinや、プロトタイプサービスのinVIsionとの連携が快適です。

両方とも、Sketchから高速でアートボードを同期して、あとはURLをチーム内で共有するだけで、すぐにモックアップをみんなで見ることができます。

スピード重視でさくっとUIをつくりたい

リーンスタートアップのような、とにかくサクッと作って検討したいという場合いにもおすすめです。

実際に使ってみたら分かりますが、とにかく起動スピードが速いです。

また、iOSのUIプリセットなどがあらかじめSketch内にテンプレートとして用意されているので、モバイルのデザインなどは特に高速でモックアップを作っていくことができます。

こんな人はSketchに乗り換えなくてよさそう

サイトやバナーなどの制作が多い

写真を多用するランディングページやバナーの制作には向いていません。
Sketchは、ほとんどUIデザイン専用と言っていいベクターベースのツールですので、ビットマップデータの扱いはあまり得意ではありません。
テキストは基本的にコードベースを想定されているので、文字組機能はイラレに比べると劣ります。
グラフィックを作り込むお仕事が多いのでしたら、やはりフォトショが良いでしょう!

会社のPCがWindowsだ

SketchはMac専用のアプリケーションなので、Windowsでは使えません。
ただし、Zeplinでデザインの共有はWeb上で行えますので、デザイナーだけMacを持ち込んでSketchを使うのもアリかもしれません。
ちなみに、わたしも上司に許可をもらってそうしています笑

おわりに

以上、「Sketchって流行ってるけど、正直どうなの?」ということで、乗り換えてもいいんじゃないかという場合、別にいらないんじゃないかという場合をご紹介しました。
Sketchがなんとなく気になっているけど、手を出そうか迷っているという方は参考にしてくださいね。
また、Sketchの使い方や概要を知りたいという方は、下記の書籍がおすすめです。
イラレメインの本ですが、けっこうなページを割いてSketchについても解説されています。
Sketchを取り上げた本はまだ全然出てこないですね。
Web制作者のためのIllustrator&ベクターデータの教科書 マルチデバイス時代に知っておくべき新・グラフィック作成術

Web制作者のためのIllustrator&ベクターデータの教科書 マルチデバイス時代に知っておくべき新・グラフィック作成術

  • 作者: あわゆき,窪木博士,三階ラボ(長藤寛和、宮澤聖二),松田直樹
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

おすすめ記事セレクション