Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

日本人はなぜ「ワンマン」を嫌うのか。あるいは日本人の「和」の宗教観について

日本人が「ワンマン」を嫌いがちなのはなぜだろうか。

これは、日本人は昔から「和」の精神を尊んできたからだ…という考え方がある。 

昔から…というのがどれくらい前からなのかというと、厩戸皇子(昔の言い方でいう聖徳太子)の十七条の憲法まで遡る。

厩戸皇子は、十七条の憲法の第一条で「和をもって尊しとなす」と説いた。

そしてこの第一条は、「上和らぎ、下睦びて事をあげつらうにかなひぬるときは、則ち事理自ら通ふ。何事か成らざらむ」という言葉で結ばれている。

これは、「和の心を持ってお互いがきちんと話しあえば、自ずから物事は理にかなってなんでも解決するよね」という意味だ。

これが、第一条に書かれているのだ。

第一条に書かれているということはどういうことか。

それが、一番重要なトピックであるということを表してる。

つまり、厩戸皇子は、天皇の権威や正当性を示すことよりも、「話し合いで解決しましょう」ということを一番はじめに持ってきているわけである。

現在の日本人の「話し合い絶対主義」は、はるか昔から存在したのだ。

この話し合い精神を無視すれば、その人物は「和を乱す人物」として疎まれる。

これは、昔から現在まで日本人の共通の価値観である。

では、例えば組織の中で、話し合いをせずにドラスティックに物事を進めようとするとどうなるか。

「あの人はワンマン経営者だ」

「あの人はワンマン部長だ」

と言われて、疎まれるのである。

日本人がなぜワンマンを嫌うのか。

それは、「和の精神」に反しているからだ。

この「和」という考え方、なかなか面白く、日本人独特の価値観なのだそうだ。

興味のある方は、ぜひ下記のオーディオブックを聴いてみてほしい。

日本史集中講義―点と点が線になる

本の方が好きだという方は、そちらもどうぞ。

点と点が線になる日本史集中講義

点と点が線になる日本史集中講義