Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

今後、UIデザイナーが最も注目すべき技術は「Unity」だ!

今、Unityが熱いですね!

Unityとはゲームエンジンの一種で、基本的に無料で使うことができます。

Unityを使えば、例えばこんなものができてしまうのです。


Unity 5 Lighting Demo: The Courtyard

Unityは何でもできる!

Unityの利用シーンは、ゲーム開発だけに留まりません。

iOS/Androidのアプリ開発やインスタレーション、さらにオキュラスウィフト等のVRコンテンツの制作もできてしまいます。

そして、最近になってUIデザインの環境も整ってきました。

従来までは、Unityでナビゲーション等のUIを作成するためにはC#でスクリプトを記述しなければならず、コードが苦手なデザイナーにとっては敷居の高いものでした。

しかし、Unity 4.6からは、直感的にUIを作成できるシステムである、uGUI (ユーグイ/ユージーユーアイ)がついに搭載されたのです。

これによって、ゲームだけではなく一般的なアプリのUIも簡単に実装できるようになりました。

未来のUIとは?

ところで、Web業界の人間にとって、UIデザインといえばスマホアプリやWebアプリが身近ですよね。

しかし、今年はウェアラブルやIoT(モノのインターネット)、VRなどがいっそう盛り上がることが予想されています。

こうした新技術の浸透によって、スマホが登場した時のように、また私たちの生活が大きく変わるかもしれません。

ところで、少々話は飛躍しますが、UIに関連して「道具」の未来を考えてみましょう。

昔から、道具は人間の機能拡張のために進化を続けてきました。

そういった意味で、脳の機能拡張ともいえるコンピュータは年々小型化し、いずれ人間と融合するとも言われています。

まずは「ウェアラブル」という形態をとってゆるやかに、その次はコンタクトレンズのような形態をとって最終的には人体へ。

そうなると、まるでオキュラスウィフトのようなVRヘッドセットを24時間身につけているような状態で毎日を過ごすことになるのでしょうか。

そうなってくると、目に映るものはもちろん、わたしたちが五感で知覚しうる全てがインターフェースとなりますよね。

今のわたしたちのように、PCやスマートフォンというデバイスをわざわざ起動してネットにアクセスする必要すらなくなるかもしれません。

Unityを使えば、最新のUIデザインに触れられる

さて、そのような未来のUIについて思いを馳せたとき、Webという規格から視点を離し、もう一度ネットと人とをつなぐUIについて考え直す必要が出て来る時がやってくるでしょう。

そのために、今からUnityを学んでおくことは悪くない選択肢だと思います。

例えば、Unityでつくったコンテンツは、そのままVRコンテンツとしてパブリッシュできます。

マイノリティーリポートなど、これまで様々なSF映画でわたしたちが目にしてきた未来のUIを、今こそ現実にデザインできる時代が到来したというわけです。

ぜひとも、そんなデザインがしてみたいものですよね。

おすすめ本の紹介

もし「ちょっとUnityを触ってみたい!」という場合は、下記の本がおすすめです。

ネットのチュートリアルでも学ぶことはできると思いますが、本の方が丁寧に解説されている分、挫折はしにくいです。

Unityで神になる本。

Unityで神になる本。

 

『Unityで神になる本』については、次のような楽しいチュートリアルを味わうことができます。

天地創造しているような気分になれて面白かったですよ!

f:id:tamusan100:20150824003212p:plain

Unityを本気で学ぶなら

f:id:tamusan100:20170610230359p:plain

最後に「Unityを本気で学びたい」「VR/ARコンテンツの開発者になりたい!」という方には、ぜひともTechAcademyのUnityコースをおすすめしておきたいと思います。

コースの内容を見ると、現在デザイナーをやっているわたしから見ても相当クオリティの高いカリキュラムになっていました。

オンラインスクールということで、スキルアップしたい社会人や学生向けに作られており、自身のライフスタイルに合わせてプランを選べるのも魅力です。

例えば、学生で集中して時間が取れるのであれば「4週間プラン」を。

社会人で1日少しずつしか学習時間が取れないのであれば「12週間プラン」を選ぶなど、働いていても無理なく学習を続けられるように設計されています。

具体的な料金やカリキュラムなどは、上記リンクの公式サイトから確認できますが、その際、まずは無料のオンライン説明会動画から見てみてください。

説明会動画を見れば、どんな事が学べるのかといった全体像が掴めます。

もしもこのTechAcademyでプロのスキルを身に着けながら、取り組んだ作品をポートフォリオに入れて就・転職活動をすれば、未経験でも採用の確率は大幅にアップするでしょう。

おわりに

いかがでしたか?

VRやARというと、一部の進んでいる人たちだけが取り入れている技術で一般人には馴染みのないものだと思われていたかもしれません。

しかし、今やここまで気軽に学ぶことができる時代になってきています。

興味のある方は、今回ご紹介した本や、TechAcademyの説明会動画などはぜひチェックしておいて方がいいと思います。

それでは、素敵なUnityライフを!