Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

いまさらだけど、Webのイケてないところについて

Webは面倒くさくて、本当にイケてない。

わたしはWebデザイナーとして働いているので、Webについての色々な事を当たり前だと思い込んで何の疑問も抱きませんでした。

しかし、冷静に考えてみると、おかしいことだらけだと思います。

Webデザイナーは、デザインするのが仕事です。

コンテンツの魅力を最大限にエンドユーザーに伝えるべく、情報をデザインしています。

つまり、Webデザイナーは「コンテンツの質を高めること」に注力しなければならないのです。

しかし、現状はどうでしょうか。

人間ではなく検索エンジンに優しいWebサイト

本来ならデザインに集中すべきなのに、なぜブラウザの差分に振り回されたり、SEOを気にしながらWebコンテンツを作らなければならないのでしょうか。

ブラウザもSEOも「手段」であるはずなのに、わたしたちはいつもその「手段」に振り回されています。

特に、SEOなんてひどい話だとは思いませんか?

なぜ、人間側が検索エンジンに合わせなければならないのでしょうか。 

Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)ではなく、本当ならSearch Human Optimizationであるべきではないでしょうか。

検索エンジンに優しい作りにするのではなく、人間に優しい作りであるべきだと思います。

Googleもそれを目指して検索エンジンを改善しているはずなのに、Web業界の多くの人間はその意に反して、人ではなく検索エンジンに擦り寄っていっています。

Webは様々な技術の組み合わせ

また、ひとつのWebコンテンツを作るために、どうしてバラバラにたくさんのことを管理しなければならないのでしょうか。

HTMLで構造を定義して、CSSで体裁を整えて、JavaScriptでモーションをつけて…。

これも、冷静に考えると面倒です。

1つにまとめてほしいですよね。

例えば、FlashだったらFlashというプラットフォームでデザインしたものをそのまま表示してくれますよね。

どうして、Webサイトは違うのでしょうか? 

そのFlashに関しても、Webコンテンツの用途としてのFlashは廃れて、HTML5最高!JS最高!となったのはいいですが、最近はそれによって「手段」と「目的」がすり替わってしまっているように思います。

Flashの全盛期は、デザインとしての「表現」を模索していましたが、最近はHTMLとJSで「既存のものをどれだけ再現できるか」…という「手段」で競い合っている気がします。

今フロントエンド界隈でイケてるとされているモーショングラフィック的な表現も、多くは既に世の中に出た表現法の焼き直しに過ぎません。

アウトプットだけ見れば、昔からあったものばかりです。

WebサイトはFlashのようにはいかない

Web業界では、ここ最近になって、やたら「UI/UX」という言葉を耳にするようになりました。

ですが、ゲーム業界だとそもそも「UI/UXを意識してデザインしましょう」というのは当たり前の話ですし、彼らからすれば「え、いまさら?」という感じだと思います。

Webデザイナーは、わたしも含めて、身近に実践されているワークフローが当たり前のものであるとすっかり信じ込んでしまっています。

だから、身近に触れているWebデザインというものに対して違和感を持たないのかもしれませんね。

しかし、誰でも一度はこう思ったことがあるはずです。

「PhotoshopなりSketchなりでデザインしたら、そのままそのレイアウトを実現する綺麗なソースを吐き出してくれたらいいのに」と。

ですが、そうはなっていないので、マークアップしたり面倒くさいことばかりやらなければなりません。

ちなみに上の一言は、わたしが職場でデザインしているUIをコーディングしてくださっているエンジニアの方が言われていた言葉でした。

わたしはそんなこと、これまで考えたこともありませんでした。

すっかり思考停止してしまっていたような気になりました。

ですが、その通りだと思います。

なぜ一度画面上で作ったデザインを、またHTMLやCSSで構築しなおさなければならないのでしょうか。

この状態って、あまりクリエイティブじゃないですよね。

Webはあくまで手段であることを忘れてはいけない

AppleでもGoogleでもいいので、Webを潰して新しい規格を作ってくれないだろうかと、たまに思うことがあります。

デザイナーが、インターネットを通して価値のあるデザインをエンドユーザーに届けるために。

手段ではなく、目的を達成するための創造的な仕事だけに時間を割くことができるようになるといいなと思います。

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論