読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tortoise Shell

デザイナーによる、デザインやライフハックブログです。

Webデザイナーがアルゴリズムに負ける日

Twitterを何気なく見ていたら、Webデザイナーの今後について、非常に興味深い内容を含んでいる記事が流れてきました。

Web界隈の方は、ぜひチェックされることをオススメします。

アルゴリズムがWebサイトを作る時代へ

なーんだ、よくある「Web製作会社は今後生き残れないよ」話か。

と思われた方もいらっしゃると思いますが、記事の後半の方に注目してみてください。

現に、実はサンフランシスコのとあるスタートアップなんかは、まだリリースしていないからどこまで精度が高いかわからないんですけど、AIでWebサイトを作って、自動的に更新するという会社があるんですよ。

これすごいですよ。これが本当に実現したら、Webデザイン会社はつぶれますよ。 

ユーザーが文字と写真をアップしたら自動的にWebサイトが生成されて、ユーザーがアクセスしたのを感知して勝手にグロースハックするんですよ。

ずっと改善し続ける。勝手に。

一番コンバージョン率が高い形に、放っておいてもWebが進化するんですよ。

ちょっと驚きじゃないですか?

わたしなんかは、ディスプレイの前で「えぇ〜マジか!」と声が出ました笑

人工知能なり何なりが勝手にWebデザインしてくれる…なんていうのは、あなたも前から想像していたと思います。

しかし、個人的にまだまだ先の話だと思っていたので、そういうサービスを完成させつつある会社がサンフランシスコにあると具体的に言われてしまうと、改めて動揺しました。

数年に一度は語られるWebデザイナー不要論

Webデザイン会社がオワコン…なんて話自体は何年も前から言われていて、CMSが出てたときや、Wixのような直感的にWebサイトを生成できるサービスなどが出てきたときにも、いちいち「Webデザイナーいらないじゃん」という話にはなっていました。

しかし、結局のところすぐにそうなるかと言うとそんな事は無く、いくら技術的ハードルが下がっていったとしても、パッケージングされたサービスだけでは、クライアントの細分化するニーズには答えられないわけです。

どうしても、「ここはああしたい」といった部分は出てきますので、そういった全てにおいて柔軟に対応することは、やはりWebデザイン会社でなければ難しい側面があったと思います。

AIは細分化するニーズにも応えられるか

ただ、今回の「AIがWebサイトを作る」という話だとちょっと事情が違ってきます。

この場合、「細分化したニーズ」に応えるという意味ではやはりどこかでボトルネックが発生する可能性がありますが、少なくとも「クライアントのバリューを的確に満たすと」いう点では、AIのほうが優れた提案をしてくる可能性が大いに考えられます。

AIがWebサイトを構築し、そして改善を続けていくということは、前述のCMSとか、GUIで簡単にWebサイトが作れるサービスとか、そういったレベルの話とは全く異なる次元のものです。

まとめ

AIは、ある意味クライアントやWebデザイナーよりも、どうデザインすべきかということを、入力条件(画像や文字など)から正確に導き出しますし、しかもエンドユーザーの反応に対して改善を続けてくれるわけです。

そうすると、従来まで勝負どころであったロジック面においては完全にAIに敗北する可能性すらあります。

そうなれば、面白いことに、デザイナーがある意味アート方面に回帰する流れに時代が変化するかもしれませんね。

目的達成のためのロジックをAIが考えてくれるのならば、そのとき人間は「1を100にすること」から、「0から1を生み出す」役割に集中することができます。

そこで、技術志向から芸術思考への転換が起こり、デザイナーは限りなくアーティストに近づいていくのかもしれませんね。

おすすめ記事セレクション