Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

Sketchは、エンジニアでも気軽に使えるデザインツールなのかも!

Sketchは、WebやUIなどスクリーンデザインに特化しており、余分な機能があまり無い。だからこそ、SketchそのもののUIがシンプルで親しみやすい。

エンジニアの上司は、「これまでPhotoshopなどは機能が多すぎて、メニューも複雑だし使い方が全然わからなかったけど、Sketchはなんとなく見ただけで使い方が分かった」と言っていた。

上司の中では、気軽にデザインできるツールを手にできたことがとても嬉しいことのようだ。

Adobeは学習コストが高い

確かに、PhotoshopやIllustratorなど、Adobeのアプリケーションは初見では誰でも「うっ…」となってしまう。 

デザイナーであればそれを学習するモチベーションも続くと思うが、ちょっとデザインに興味があって軽く触ってみたい…という人にとっては、なかなか厳しいかもしれない。 

だからこそ、Sketchのようなツールは貴重に思える。

ちなみにデザイナーであるわたしは、ベクターツールという意味で共通のSketchとAdobe Illustratorの内、どちらか捨てるとしたらどちらか?と問われれば、迷わずSketchを捨てるだろう。 

しかし、いくらIllustratorが機能面でSketchを全てカバーしていたとしても、Sketchの気軽さ、使いやすさには価値を感じている。

必ずしもAdobeにこだわらずとも、状況に応じて適切なツールを取り入れ、使いこなすことは良いことだと思っている。

Sketchはデザイナーとエンジニアの橋渡し

わたしが現在携わっているプロジェクトでは、Sketchを導入してエンジニアもSketchを触れるようになったことで、デザインデータを直接エンジニアが確認してコードに反映する…というワークフローも成り立つようになった。

Sketchは、デザイナーとエンジニアの橋渡しにもなる素晴らしいツールかもしれない。 

Sketchの基礎が学べる本

Web制作者のためのIllustrator&ベクターデータの教科書 マルチデバイス時代に知っておくべき新・グラフィック作成術 (Web制作者のための教科書シリーズ)

Web制作者のためのIllustrator&ベクターデータの教科書 マルチデバイス時代に知っておくべき新・グラフィック作成術 (Web制作者のための教科書シリーズ)

  • 作者: あわゆき,窪木博士,三階ラボ(長藤寛和、宮澤聖二),松田直樹
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る