Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

デザインのラフスケッチは「コピー用紙の裏」が一番捗る

http://www.flickr.com/photos/27430752@N07/4180905915

photo by latrovadoradelossueños

デザインのラフスケッチは「コピー用紙の裏」が一番捗るということを最近自覚した。

大学生の頃は当たり前のようにクロッキー帳を使っていた。

けれど、思い返せば当時も、無造作に考え事やアイデア出しをするときはコピー用紙の裏にスケッチしていた気がする。 

ちゃんとしたものを描かなくてよいということ

わたしが貧乏症なだけかもしれないけれど、「描くためだけの紙」って、なんだか使うのがもったいなく感じる。

また、なんだか「ちゃんとしたもの」を描かないといけない気分になってくる。

それに比べて、コピー用紙の裏は良い。

「コピー用紙の裏」は、既に役目を終えてしまった紙だから、何かを気にする必要がない。

ほっといたらそのままシュレッダーにかけられる運命だし、どう扱ってもいい。

いくら失敗しても、どんなに無駄なことを描いてもいいんだという気分になるので、精神的な制約が取れてのびのびとスケッチすることができる。

コピー用紙は最高のクリエイティブツール

高級なペンも、上質な紙も必要ない。

「いらなくなったコピー用紙の裏」が、わたしが一番クリエイティビティを発揮できるキャンパスだ。

モノに込めれらた様々なしがらみから開放されて、わたしは自由にデザインすることができる。

コクヨ PPC用紙 共用紙 FSC認証 64G A4 500枚 KB-39N

コクヨ PPC用紙 共用紙 FSC認証 64G A4 500枚 KB-39N

 

おすすめ記事セレクション