Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

Adobeがリリース予定のプロトタイピングツール「Project Comet」に注目!

気になるニュースを発見しました。

Adobeが、UI/UXデザイン向けのプロトタイピングツール「Project Comet」を2016年早くにリリースを予定しているそうです。

Adobe Project Comet 公式サイト

公式サイトのプロモーションムービーを見た感じ、PhotoshopやIllustratorなど他のCreativeCloudのツールに比べるとUIがスッキリしている気がしますね。

市場におけるプロトタイピングツールの現状

プロトタイピングツールといえば、現在は先行している「InVision」「Flinto」が既に人気となっており、一定のシェアを獲得しています。

日本では、UIデザインで有名なグッドパッチ社の「Prott」が有名ですね。

ちなみにわたしは、仕事でInVisionを使用してプロトタイピングを行っています。

InVisionは、最近流行りのベクタードローソフト「Sketch」との連携が大変便利で、以前このブログでのおすすめする記事を書きました。

CreativeCloudを有するAdobeならば一気に普及する可能性も…

このように、プロトタイピングツールについては遅れをとっているように見えるAdobeですが、来年満を持してプロトタイピングツールに参入してくるとのこと。

大変楽しみですよね。

Adobeの強みは、なんといっても業界標準ソフトウェアといっても過言ではないCreativeCloudというプラットフォームを有していることです。

Project Cometは、確実にCreativeCloudに搭載され、Photoshop、Illustratorとのスムーズな連携を実現してくれるでしょう

そうなれば、既存のプロトタイピングツールのシェアを一気にAdobe Project Cometがかっさらうことになるかもしれませんね。

ぜひ、今後の動向に注目しましょう!

おまけ:今、プロトタイピングツールを選ぶなら…

Adobe Project Cometについて紹介しましたが、冒頭で書いたとおり肝心のリリースは来年になります笑

「オレは今すぐプロトタイピングツールを導入したいんだ!」

「2016年まで待てない!」

という方は、ぜひSketchとInVisionを導入してみてください。

わたしは業務での導入を検討するために、いくつかのプロトタイピングツールを試したのですが、現行では最もSketch + InVisionのワークフローが最強ではないかと思っています。

とりあえずSketchから触ってみたいという方は、下記の本で基本操作などを学ぶことができます。

Sketchは今後も間違いなくシェアを拡大するデザインソフトになりますので、興味のある方はチェックしてみてください。

Web制作者のためのIllustrator&ベクターデータの教科書 マルチデバイス時代に知っておくべき新・グラフィック作成術

Web制作者のためのIllustrator&ベクターデータの教科書 マルチデバイス時代に知っておくべき新・グラフィック作成術

  • 作者: あわゆき,窪木博士,三階ラボ(長藤寛和、宮澤聖二),松田直樹
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

おすすめ記事セレクション