読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tortoise Shell

デザイナーによる、デザインやライフハックブログです。

運動嫌いなわたしがランニングを1年間続けられた3つの理由

f:id:tamusan100:20151005233600j:plain

大層なタイトルを付けてしまったのですが、1年間「毎日」走り続けたのではありません笑

ランニングをするのはだいたい土日の夕方で、たまに残業が少なく早く帰れた場合は平日でも走ることがありました。

それにしても、ランニングって楽しいですよね。

ランニングを始めたきっかけ

今でこそランニングが好きになったわたしですが、ランニングを始めるまでは学生時代からまったく運動をしていませんでした。(自転車で通学していたくらい) 

そのときは、「だって汗かくの嫌だし…」なんて思っていました。

若かった学生時代(といっても今もまだ20代ですが)は特に運動しなくても支障なかったのですが、社会人になってからそうもいかなくなりました。

1日10時間くらいデスクワークをするようになりましたし、そうすると今までとは打って変わって体中がバキバキに…(泣)

「このままではやばい!」と思い、危機感から始めたのがきっかけでした。

頻度は少なくても習慣を断ち切らないことは難しいもの

しかし、今では走ることそのものが楽しくなりました。

頻度は全然ですが、自分の中では1年間続いたということ、週末のランニングという習慣をやめてしまわなかったことに満足しています。

なんだかんだで、何事も数ヶ月でやめちゃうことってありますからね。

そういうわけで感慨に浸っていたわけですが、どうして嫌にならずに続けることができたのだろうと考えてみると、次の3つのポイントが効いていたのかなと思い至りました。

運動は嫌い…でも、ちょっと興味ある!ただ、続けられるか不安…

そんなあなたでも、下記の3つのポイントを守れば続けられるかもしれません。

参考にしてみてください。

運動嫌いなわたしがランニングを1年間続けられた3つの理由

1.オーディオブックを聴くのが楽しかったから

ランニングって、ひたすら走るだけの苦行みたいなイメージありませんか?

(偏見ですかね?)

わたしも、ただ走ることだけを目的にしていたら疲れるだけで続かなかったと思います。

しかし、ランニングバッグにiPhoneを差して、そこからイヤホンをつけてオーディオブックを聴きながら走るようにすると、一気に楽しくなりました。

ポイントは、変にストイックになって難しい本を選ぼうとせずに、自分が興味のある本を選ぶことです。

わたしの場合は、前々から勉強しなおしてみたかった日本史の本や、ドラマでハマった半沢直樹の続編の「ロスジェネの逆襲」を聴きながら走っていました。

ロスジェネの逆襲

特に「ロスジェネの逆襲」は面白すぎて、続きが聴きたいがためにランニングに繰り出すようになったほどです笑 

オーディオブックについては定期的にブログに書いてて、読者の方にはゴリ押ししています。

なので、よくわたしのブログに来てくださる方は「まーたこいつオーディオブックのステマしてるよ…」と思われたことでしょう笑

2.記録をつけてモチベーションを上げるようにしたから

ただ闇雲に走るだけだと、走るという行為に飽きてしまいます。

そこで、自分の走ったコースや距離、ペースを測って記録しておくことで、「お、前より長距離走れた!」「ペースを上げても疲れなくなった!」という自分の成長を実感することができるのでおすすめです。

ランニング用のアプリはいろいろあるのですが、一番有名なのはやはり「Nike+ Running」だと思います。

このアプリは本当に優れもので、アプリを起動したままイヤホンを耳につけていると、1kmごとにカウントしてくれたり、ランニングを終えたときに記録を教えてくれたりするんです。

もちろん、GPSと連動して走ったコースを表示してくれたりしますし、走ることがめちゃくちゃ楽しくなります。

無料なので、ぜひダウンロードしておいてください。

Nike+ Running

Nike+ Running

  • Nike, Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

3.かっこいいランニングシューズを買ったから

学生時代はまったく運動しなかった…と書きましたが、実はちょっとだけランニングを始めようとシューズまで買ったことがあるんです。

ただそのときは、見事に三日坊主で終わりました。

なぜ三日坊主になってしまったのか、今思い返すとわかるのですが、「ダサいシューズを買ってしまったから」だったんです。

当時ランニング用シューズの選び方とか全くわからなくて、「見た目にこだわるよりは機能性重視のほうがいいだろう…」と思って、ダサくて安いやつを買ってしまいました。

これが大失敗で、シューズがダサいとそれを履いて颯爽を走りに行く気力がわかないんですね…

しかし、社会人になった今は当時よりはお金がありますので、自分がかっこいいと思うシューズを選びました!

すると、シューズを履くのが楽しくなるのでモチベーションが上がりました。 

なんだか子供じみた話かもしれませんが、かっこいいシューズを選ぶことはマジで大事だと思います。

今はランニング用品もファッショナブルなものが多いので、ぜひかっこいいシューズを選んでください。

ちなみに、わたしのおすすめはnew balanceのシューズで、クッションがふかふかなので走りやすくていいですよ。 

まとめ

以上、運動嫌いなわたしがランニングを1年間続けられた3つの理由でした!

運動嫌いな人でも、ランニングは一度はまると楽しくて続けられると思いますよ。

特に、はじめに紹介した「ランニング + オーディオブック」の相性は抜群で、読書しながら運動もできるというパフォーマンス最高の過ごし方ができちゃいます。

運動不足になりがちなデスクワーカーの方はぜひ試してみてください。

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

  • 作者: クリストファー・マクドゥーガル,近藤隆文
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/02/25
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 16人 クリック: 207回
  • この商品を含むブログ (82件) を見る