読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tortoise Shell

デザイナーによる、デザインやライフハックブログです。

IllustratorからSketchに乗り換えて1ヶ月経った感想

f:id:tamusan100:20150903011246p:plain

仕事でWebアプリケーションのUIデザインをしているのですが、今までIllustratorを使用していたのをSketchに乗り換えて1ヶ月ほど経ちました。

Sketchの操作にもだいぶ慣れてきた今、あらためてSketchを使った感想と良いところをまとめておこうと思います。

IllustratorからSketchに乗り換えた感想

起動が早い

とにかく起動が早いです。

「よし、作業しよう」

「あ、こんなこと思いついた!」

というときに、速攻で立ち上げて作業に入ることができます。

今までAdobeソフトを当たり前に使っていた人にとっては、このスピード感を一度体験すると「イラレおっそい…汗」と思うようになります笑

ファイルサイズが軽い

ファイルサイズが軽いです。

これまでイラレで何枚もアートボードを作って作業していると、すぐにファイルサイズがかさんで重たくなってしまっていました。

そうすると、.aiファイルを開くたびにイライラする要因になっていたのですが、Sketchであれば基本的にイラレで作るよりもサイズは軽くなるので快適です。

学習コストが低く始めやすい

もともとAdobeソフトを使っていた人はすぐに使いこなせるようになるのはもちろんですが、UI的にはMacのKeynoteに非常に近いので非デザイナーでも簡単に使いこなせるようになると思います。

英語のツールにもかかわらず、直感的に操作できるのですぐに手足のように使えるようになります。

Sketchファイルは他のアプリケーションとの互換性がありませんので、クライアントワークのメインの職場では導入は難しいかもしれません。

しかし、自社開発の会社などでは、ディレクターやエンジニアもSketchを使えるようになればデザイン面でスムーズな連携が可能になります。 

プロトタイプ作成ツールとの連携が強い

Sketchの場合、特にInVisionというプロトタイピングツールとの連携が秀逸なので、プロジェクト単位で動いているチーム内では絶大な力を発揮することでしょう。

特に、上記のInVisionというWebアプリとの連携では、「InVision Sync」というプラグインを導入することで、なんといちいちアートボードを画像に書きださなくても、勝手にInVision側でアートボードから画像を書き出して取り込んでくれます。

イメージとしては、イラレで複数のアートボードで画面を作っていっていたら、同時に自動で画像の書き出しをしてプロトタイピングツールが取り込んでくれるような感じです。

もちろん、アートボードの中身を編集したら、それもしっかりInVision側に反映されます。

めちゃくちゃ便利です! 

無駄な機能が無いので作業に集中できる

もともとDTP用のソフトとして誕生したバックグラウンドを持ち、時代のニーズに応じてWeb向けの機能も搭載していったのがIllustratorです。

しかし、Sketchは初めからUIデザインに特化したベクターツールとして開発されています。

そのため、単位もピクセルベースのみですし、UIデザインに必要な機能しか搭載されていないので、迷わずに簡単に操作することができます。

WebやUIのデザインをしている人には、自信を持っておすすめできるツールです。

値段がリーズナブル

Illustratorは毎月ライセンス料金がかかりますが、Sketchは完全に買い切りですのでお財布にも優しいソフトウェアです。

現在1万円ちょっとで発売されていますので、チェックしてみてください。

Sketch 3

Sketch 3

  • Bohemian Coding
  • グラフィック&デザイン
  • ¥11,800

まとめ

以上、IllustratorからSketchに乗り換えて1ヶ月経ったわたしの所感まとめになります。

今のところ、Sketchのデメリット的なところは特に感じていません。 

ただ、完全にIllustratorを捨ててSketch一本でやっていけるかというと、もちろんそんなことはありません。

先ほども書いたとおり、基本的にUIデザインに特化したツールなので、ポスターやチラシなどのDTP用として利用できません。

あくまで、UIデザイン用と割りきって使うことをおすすめします。

当ブログのおすすめ記事