Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

DTPが分からないWebデザイナが初めて名刺を作った

最近、Hatena Design Hour #2というデザイナー向けのイベントに参加してきました。

イベントが開催される前日になって参加する実感が湧いてきてワクワクしていたのですが、その時ふと気が付きました。 

「あ、名刺作らな!!」

そう気づいて、普通に会社の名刺を持っていこうかとも思ったのですが、それはやめました。

わたしが働いている会社は自社開発のIT企業なので、開発部門にいれば基本的に社外の人とお会いすることはありません。

ひたすらオフィスに引きこもってます(笑

なので、せっかくイベントで知り合った方に会社用のメールアドレスなどが印刷された自社の名刺をお渡ししても、仲良くなったりとか関係に発展性が無いだろうなと思いました。

そこで、「IT系の勉強会といえばプライベート名刺やろ〜♪」という偏見を持っていたこともあり、急遽プライベート用の名刺を作ることにしました。

前日でも間に合う!スピード印刷を利用

イベントの前日に名刺の必要性に気づいて、最初は「間に合わないオワタ…」と思っていたのですが、ググってみると「スピード印刷」なるサービスをやっている印刷会社が会社のすぐ近くにありました。(最近どこでもやってみるみたいですね) 

これは一か八か間に合うか…と思い、深夜からデザイン開始。

普段Web向けの設定で使っているIllustratorを、ググって調べてDTP向けに設定しなおしてデータを作っていきました。

せっかく作るのだから、印刷所に頼んでちゃんとしたやつを作ってもらいたかったんです。

というわけで、初めて「印刷所へのデータ入稿」をすることになりました。

名刺を入稿するときに何を気をつけたらいいの?

それにしても、デザインするのはいいとして、入稿するためのデータ作りってどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

大学の実習で名刺を作ったこともあるような気がするのですが、ちゃんと聞いてなかったので覚えてません(泣)

Webでもコーディングのときに約束事があるように、グラフィックでも約束事があるのです。

そんな「気をつけるべきこと」を調べていくなかで何点か学んだので、自分用の備忘録としてまとめておこうと思います。

トンボをつける

(「あ…これ大学でやったわ!(懐かしみ」)

トンボをちゃんとつけていないと、正確に裁断できません。

必ずつけなければなりません。

Illustratorで作る場合は、「オブジェクト」→「トリムマークを作成」でいけます。

画像はCMYKに分解されているか

わたしの場合、普段Webの世界で生きているので、基本的にすべてのツールはRGBで設定してあります。

うっかりRGBのままのデータを使って色が変になってしまわないように、必ずCMYKに分解しておかなければなりません。

文字のアウトライン化をする

使ったフォントがマニアックなもので、印刷所に持って行ってファイルを開いてもらったら「このフォント使えません…」なんて言われることがあるやもしれません。

必ず配置した文字はアウトライン化しましょう。

いざ、データ入稿!

気をつけないといけないことは本当はもっとあるのですが、とりあえず上記のことに気をつけていれば、致命的なミスは防げるかと思います。

さて、翌日(イベント当日)になって会社の昼休みにドキドキしながら印刷所にデータをUSBメモリーに入れて持っていったのですが、特にミスもなく一発でOKでした♪

「15分くらいで完成しますよー」とおじさんに言われたので、置いてあったジャンプを読みながら待っていたらすぐに完成しました。

完成した名刺がこちら。

f:id:tamusan100:20150905234138j:plain

プラスチックの箱に入れて渡してくださいました!

かわいい!

さっそく名刺入れに入れてみました。

f:id:tamusan100:20150905234235j:plain

 いい感じにできました。

載せた情報は「職種」「名前(ぼかしてる部分)」「ツイッターアカウント」の3つだけです。

ブログやらメールアドレスやら色々入れてもよかったのですが、わざわざURLを入力していただくのは受け取る側にとって面倒くさいだろうと思ってやめました。

まずは一番手軽なTwitterをフォローしていただき、そこからブログに飛んで読んで興味を持ってくださればいいな…と思い、あえて情報量は最低限にしました。

 ちなみに、フォントは「Futura」にしました。

アイコンのカメの丸っこいイメージに合っていて、だからといってかわいい感じにもなりすぎず、気品と安定感も持ち合わせたいという意図で選んでみました。

名刺は簡単に作れるのでぜひ作ろう!

以上、Webデザイナが初めて名刺を作った記録でした。

名刺は思ってた以上に簡単につくれることが分かりましたし、IT系の勉強会などにこれから参加してみたい…という方は、ぜひ作っておいてはいかがでしょうか。

ちなみに、イベント当日はありがたいことに6、7名の方と名刺交換させていただきました。

ありがとうございました^^

次は食べられる名刺とか攻めた名刺も作ってみたいですね笑

おすすめ記事セレクション