読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tortoise Shell

デザイナーによる、デザインやライフハックブログです。

全デザイナー必読!ニコニコ動画の創業者がジブリで学んだ「コンテンツとは何か」ということ

今回は、「デザイナーなら必読だろう!」と思った本に出会いましたので紹介します。

デザイナーに限らず、Web業界で働く人は読んでおいてまず損はありません。

タイトルはずばり、「コンテンツの秘密」という本です。

コンテンツの秘密―ぼくがジブリで考えたこと (NHK出版新書 458)

コンテンツの秘密―ぼくがジブリで考えたこと (NHK出版新書 458)

 

この本は上司から勧められたのですが、著者の川上量夫さんという方のことはお恥ずかしながら存じておりませんでした。

しかし、なんとあのニコニコ動画を運営しているドワンゴの創業者だったんですね!

(現在は代表取締役会長をしておられます)

さて、この「コンテンツの秘密」という本で書かれている「秘密」とは、いったいなんなのでしょうか。

コンテンツの本質を知ること

それについては実際に読んで確かめていただきたいと思いますが、要するに「コンテンツの本質」を知ることができます。

みなさん、ネット上では「コンテンツ」「メディア」といった言葉があふれていますが、それらの定義をきちんと説明することができますか?

また、そのコンテンツを生み出す存在である「クリエイター」と呼ばれる人たちは、いったいどんな人種なのでしょうか。

そんなコンテンツの本質について、著者でドワンゴ創業者の川上さんが、あの「ジブリ」の鈴木プロデューサーに弟子入りして学んだことがこの本の中でまとめられています。

これって、めちゃくちゃ貴重だと思いませんか?

特に、ドワンゴの創業者である川上さんが学んだことが書かれているからこそ貴重なんです。

彼は、ニコニコ動画という日本でも有数のコンテンツプラットフォームを運営している会社の会長です。 

そんなITに精通しており、ネット上でのコンテンツについて日本でも有数の知識を持つ川上さんが、おそらく日本で最も愛されているコンテンツのひとつと言っても過言ではない「ジブリアニメ」を生み出しているスタジオジブリに弟子入りしたのです。

川上さんは、ジブリで実際に何ヶ月も修行して、鈴木プロデューサーや宮崎駿監督の側で何を見たのでしょうか。

「コンテンツ」とは、いったいなんなんでしょうか。

「クリエイター」とは、どんな人たちなのでしょうか。

ぜひ、あなたの目で確かめてみてください。

コンテンツの秘密―ぼくがジブリで考えたこと (NHK出版新書 458)

コンテンツの秘密―ぼくがジブリで考えたこと (NHK出版新書 458)