Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

デザイナーがAPIの設計まで!?GunosyのUIデザインチームのあり方が素晴らしい件

f:id:tamusan100:20150730001029j:plain

UIデザイナーに求められる知識とは…

Web業界において、UIデザイナーという職種はここ数年でメジャーになった職種です。

それまでは、Webといえば静的なものだったので、現在のようなWebアプリケーションはまだありませんでした。

なので、WebのUIをデザインするという概念自体が薄かったのです。

しかし、今ではWebの技術もどんどん進歩したので、Webアプリケーションではなくても、それこそ普通のWebサイトもゴリゴリ動くリッチインターフェースを備えるようになりました。

このような時代背景もあり、UIデザイナーは今注目されています。

さて、Webの領域においてのWebデザイナーには、開発において必須となる知識があります。

それが、「コード」の知識です。

最近のWebデザイナーはコードが書けない?

Webの進化は、UIデザイナーの需要を高めていきましたが、それと比例して業界で進んでいったのが「開発の分業制」です。

Webができることが広がったことで、WebアプリケーションやWebサイトの技術的規模も大きくなり、結果として一人ですべての開発を行うことが難しくなりました。

そんな中で、いわゆるIT領域で仕事をするにもかかわらず、コードの知識が全くないデザイナーが量産されていきました。

なので、コードもかけるデザイナーは貴重な存在なのです。

UIデザイナーとしてどうあるべきか

では、UIデザイナーになるためにはどうすればいいのでしょうか?

下記の記事にとても参考になるインタビューが掲載されていました。

engineer.typemag.jp

キュレーションアプリとして有名なGunosyですが、なんとこのGunosyのUIデザインチームはデザイナーが実装も行うのだそうです。

それだけにとどまらず、なんとアプリケーションにおけるUIの表示ロジックやAPIの設計までデザイナーが担当するとのこと。

分業制が進んだWeb業界において、ここまでできるデザイナーはすごいですよね。

GunosyのデザイナーがUIの実装までこなせる理由

どうしてGunosyのデザイナーは実装までこなすことができるのでしょうか。

その理由として、以下の2つのポイントがあります。

デザイナーとしての長いキャリアによる知識の積み重ね 

(なぜ実装までできるのか…ということに対して)

しかし冒頭でも触れた通り、理想はそうであっても、実際にできる人材はそう多くはいないはず。なぜGunosyのデザイナーにはそれだけのことができるのか。

その答えの1つは、デザイナーとしての長いキャリアにあるようだ。

「90年代はインタラクティブなコンテンツやWebサイトが盛り上がっていて、そこにコミットしていきたいデザイナーの多くは自然とActionScriptやJavaScriptを学びました。

だからコードを書けるデザイナーは一般的な存在だったと思いますよ(森氏)

ActionScriptという言葉が出てきたのが興味深いですね。

確かに、90年代~00年代はFlashの全盛期であり、クリエイターも当然のようにActionScriptの知識が求められていました。

この世代以降になると、わたしも含めて業界のトレンドとして積極的にコードを書く世代ではなくなってしまったのかもしれません。

その知識が必要となる場所へ自分から身を置きにいく 

樋口氏はもともと情報工学の専攻で、プログラマー寄りの出自。デザインは独学で学んだ。映画のプロモーションサイトを作る仕事の際など、「他に人材がいなかった」という理由で担当領域を広げていった。その後7年のフリーランス時代には、デザイン、フロントエンド、バックエンド、ディレクションの全てを行っていたという。

一方の森氏は、印刷物のデザインから始めて、音楽CDのムービーコンテンツなどを経て、Webに活躍の場を移していった。最初はデザインだけを扱っていたが、分業するエンジニアの仕事を間近で見続ける中で、「自分にもできるのではないか。やってみたい」と好奇心から徐々に領域を広げ、自身でアプリをリリースするまでになっていった。

インタビューに答えられているお二人がどちらもずっとWebデザインの畑を歩んでこられたわけではないという点は注目すべき点ですね。

要するに、キャリアを形成していく上で「UIデザイナーにはこの技術がいる」という前提がはじめからあって習得していくのではなく、「こんなことをするためにはこの技術がいる」という好奇心と必要性が相まって身につけることができたということなのでしょう。

まとめ

◯◯デザイナーはこうだ。

◯◯デザイナーはこれを覚えてなければならない。

このような前提条件から取り組むのではなく、自分がデザイナーとして作っていきたいものを実現するために、そこから必要な技術を積極的に学んでいく姿勢が重要なのでしょう。

この姿勢は、デザイナーならばぜひ意識しておきたい点ですね。

とても勉強になるインタビュー記事でした。 

UIデザインの心理学―わかりやすさ・使いやすさの法則

UIデザインの心理学―わかりやすさ・使いやすさの法則

 
フラットデザインで考える 新しいUIデザインのセオリー

フラットデザインで考える 新しいUIデザインのセオリー

 

おすすめ記事セレクション