Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

グッドパッチのデザイナーの働き方が素晴らしい件

上記の記事を読んで「素晴らしい!」と思ったので筆(キーボード)を取りました。

グッドパッチといえば、GunosyのUIデザインを手がけた会社として知られていますよね。

日本でUIデザインを専門にしている会社はあまり無いので、わたしも名前だけは学生の頃から知っていました。(デザイン学科でUIのことも学んでたので) 

デザイナーのプロジェクトへの関わり方

本題ですが、どうして上記の記事を読んで素晴らしいと思ったのかというと、デザイナーのプロジェクトへの関わり方が理想的だと思ったからです。

具体的には、「デザイナーも企画から携わる」という点。

通常、デザイナーが企画のスタートラインから関われるケースは少ないが、グッドパッチではUIに関する仕事を受けるうえで、スタート地点から関わることが必須となっている。

企画・コンセプトメイキングから入って、徹底的にクライアントと議論し、ローンチまですべてを受け持つ案件だけを受ける。負担が多いようにも見えるが、「そのほうが作りやすい。掛け持ちしないので、案件単位にコミットできる。集中・進捗度合いが違う」のだという。

わたしは、個人的にデザイナーも企画から携わった方が良いプロダクトができると思っています。

なぜなら、プロダクトの思想や存在意義、目的を正確に把握してデザインに落とし込みやすいからです。

反対に、仕様書が一方的に降ってきて見た目だけを改善するようなデザインなんてつまらないと思っています。

それに、ある程度企画や仕様が固まってしまったものを渡されてしまうと、「そもそもデザイン的な視点から言うとこういう仕様になっていた方がユーザーに伝わりやすい」という点は反映させられません。

ちなみに、わたしは上記のような理由から、制作会社ではなく自社サービスをやっている会社を選んでインハウスデザイナーとしての就職を選びました。

おかげで、最近でもサービスの設計段階から携わらせてもらって、とても楽しく働くことができています。

「誰かが考えたもののビジュアルを良くして体裁を整える」のではなく、「設計」「衣装計画」という本来の「デザイン」という言葉の意味通り、サービスを作る上でユーザーにしてもらいたい体験から考える工程は仕事として楽しいものです。

まとめ

それにしても、なにより経営者が「デザイナーも企画から携わるべきだ!」という考え方を持っているというのが素晴らしいことですよね。

他に同じようにお考えになってる経営者なんてそうそういないと思いますし、聞いたことがないです。

ただ画面の前でPhotoshopやIllustratorで作業してるだけじゃなくて、企画や設計からエンジニアとコミュニケーション取りながら良いプロダクトを作っていきたいと思っているようなデザイナーが働くにはとても良い会社だなと思いました。