Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

変化の激しいWeb業界だからこそ、デザイナーも歴史を学ぶべきである理由

http://www.flickr.com/photos/48627921@N05/14366955057

はじめに:建築とWebデザイン

「建築」と「Web」という、デザインにおいてはベクトルが異なるようにも思えるキーワードですが、上記の記事では大変興味深い内容が示されています。

Webデザインがこれまでたどってきたトレンドは、建築がたどってきたそれと限りなく同一であるということです。

この記事を読むと、改めてWebデザイナーもデザインに関わる「歴史」をしっかり学んでおく必要があると感じざるを得ません。

歴史を知ることでその分野の向かう方向がわかる

歴史を知ることでどんなメリットがあるのかというと、その分野について未来が予測できるようになるということです。

未来が予測できれば、それに合わせて自分のキャリアを構築していくなど、生き残って行くための対策を練ることができます。

ただ、歴史といっても、マニアのように詳しくなくてもいいのです。

「歴史を知っているとこんなにも違う」という例として、フラットデザインについて考えてみましょう。

フラットデザインはどうして広まったか

すっかりWebデザインのトレンドからスタンダードにまでなりつつあるフラットデザインですが、フラットデザインが広まった理由をきちんと言える人は少ないです。

Webやコンピュータについて何も知らないエンドユーザーから見れば、ただの一過性の流行に見えるでしょう。

ちょうど、ファッションの流行と同じような感覚ですね。

しかし、Webやコンピュータがこれまでたどってきた道のり(歴史)を少しでも知っている人は、まったく異なる見方をしています。 

GUIという概念について

今では当たり前すぎてGUIという言葉を認識する機会はあまりありません。

GUIとは、グラフィカル・ユーザー・インタフェースのことで、ユーザーがコンピュータに出す指示を視覚的に捉えて実行できる捜査手法のことです。

元々、コンピュータを操作するためにはプログラム(文字列)をいちいち打ち込まなければならず、コンピュータの知識がない一般人が理解するには難しい代物でした。

GUIはいかにしてスタンダードとなったか

GUIを初めて一般ユーザーにまで広めたコンピュータは、Appleの初代Macでした。

GUIでは、みなさんもご存知のとおりアイコンを用いて操作を行いますね。

アイコンとは、ずばりメタファー(たとえ)なのです。

なぜGUIによってコンピュータを一般人にも身近なものにできたのかというと、コンピュータの様々な概念を日常生活での動作に置き換えることに成功したからです。

例えば、いらないデータを消したいとき。

GUI以前の時代では、都度プログラムを打ち込んで削除していました。

(delete ファイル名…みたいな感じ)

しかしGUIでは、いらないデータを手で持って(マウスでドラッグ)、ゴミ箱(アイコン)まで持って行く(ドロップ)という、現実の行動をそのままコンピュータに投影しているような感覚で操作できるようになりました。

GUIの限界

このように、家庭用コンピュータにGUIが採用されたのは、一般人にコンピュータを親しみやすいものにするためでしたが、時代の変化と共に1つの限界を迎えることとなりました。

それは、コンピュターを老若男女が当たり前のように使うようになった時代になった…ということに起因します。

例えば、「保存」という機能のメタファーとして現在も用いられているフロッピーディスクのアイコン。

今時の若者は、フロッピーディスクなんて下手すると存在すら知りません。

本来の目的(コンテンツを見せること)への回帰

コンピュータを当たり前のように誰もが使いこなせるようになった時代では、まるで現実のもののように美しく描画されたボタンやアイコンは、もはや絶対に必要なものではなくなりました。

Webサイトを閲覧するデバイスも多様化し、Webデザインでも求められるようになったのは、美しい装飾ではなく、いかに多様化したデバイスに対応してコンテンツを快適に見られるか…ということです。

よって、コンテンツを分かりやすく見せることができ、なおかつCSS等で画像を使わなくても描画できるフレキシブルなフラットデザインが現在の主流になりました。

まとめ

このようなことを知らないと、いつまでも目の前の新しい技術にとらわれてしまいます。

何となく流行ってるから押さえておかなきゃ…と、不要な学習コストをかけてしまうことにもなります。

よって、歴史をきちんと学び現在求められているデザインの本質を見抜く力を身につけることで、流行にとらわれずデザイナーとして長いキャリアを築けるでしょう。 

絵ときデザイン史〈歴史が苦手な人、食わず嫌いの人も、これなら覚えられる!  画期的なデザイン史の本! 〉

絵ときデザイン史〈歴史が苦手な人、食わず嫌いの人も、これなら覚えられる! 画期的なデザイン史の本! 〉

 

おすすめ記事セレクション