Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

デザイナーがブログを書くことで得られる3つのメリット

f:id:tamusan100:20150611002944j:plain

わたしははてなブログを使ってブログを書いていますが、はてなにはIT界隈の人がたくさん集まっている印象を受けます。 

しかし、コミュニティを見てみると、エンジニアに比べてデザイナーはあんまり活発にブログを書いていない気がします。

エンジニアは、特に文化として「シェア精神」が根付いているので、備忘録的な内容で文章としてまとまっていなくてもじゃんじゃん投稿し、しかもそれが初心者の役に立っていますよね。

対してデザイナーでブログをやっている人は、ブログを書いているというよりはポートフォリオサイトの一部としてブログを設けている印象があります。

特定のブログサービスを使うよりも、独自ドメインを取ってサーバーも契約して、WordPress等のCMSを使ってがっつりデザインしたテーマを使って自分の作品を見せたりするのに使う人は多いですよね。

わたしの主張する「ブログを書く」というのは、もっとライトな感じで、「作品」ではなく、「デザイナーとしての考え」を書くブログを書く人がもっと増えてもよいのではないかということです。

わたし自身が感じているメリット

わたし自身、ブログを書いていることで、日々新しい価値観に触れることができて非常に楽しく思っています。

わたしの場合フリーランス等ではなく、サラリーマンとして企業の中のインハウスデザイナーとして働いているのですが、やはりデザインに関する会話が会社の中だけで完結していると、考え方が狭くなっていってしまいますからね。

もちろん、メリットはそれだけではありません。

今回は、デザイナーがブログを書くことで得られる3つのメリットを紹介します。

核(コア)になっている思考が見えてくる

デザインについて思うことや、デザイナーとしてどんなふうに働いていきたいのか等、自分の考えを書く習慣を続けていると、自分のデザイナーとしての核(コア)になる思考がだんだん見えてくるようになります。

例えばわたしの場合、会社でひたすらデザイン業務ばかりしていましたが、ブログを書いているうちに「デザイナーとして、マーケティングやコピーライティングも積極的に学んでいきたい」という潜在的な気持ちに気がつきました。

それ以来、マーケティング担当の先輩からおすすめの本を教えてもらったりして、良い機会が増えました。

思考が明確化し、考えを言い表せるようになる

基本的にデザインする際にはある程度は論理的に組み立てていくとは思いますが、それでも「何となくこうしたほうがいい」という暗黙知的な知識を持っている人は多いと思います。

このように頭の中にしかない暗黙知を積極的に文章に書き出すことによって、ぼんやりとした思考が明確化し、「自分の考えはこうだ!」というのがしっかりと言い表せるようになります。

こうして自分の中のデザインのルールについて言葉でちゃんと説明するようになれば、あなたが後輩や部下を持ったときに効果的な指導を行えるでしょう。

転職活動でマッチングの取れた企業が探せる

日々デザインやデザイナーとして働く上での自分の考えを書いていくことで、デザイナーとして本当に重視しているポイントが明らかになります。

給料等の待遇なのか、チームの魅力なのか、事業内容なのか、デザイナーとして重要視しているポイントをしっかり把握しておくことで、転職活動を行う際にもマッチングのとれた企業をスムーズに探すことができまs.

まとめ

以上、デザイナーがブログを書くことで得られる3つのメリットでした。

わたしとしても、もっと同年代のデザイナーがブログをやっていたら楽しいだろうなと思いますので、ぜひ会社でインハウスデザイナーとして働かれている方なんかは、会社のこととかやってるデザインのこととか発信してみてください。 

P.S.

文章を書き慣れていない人は、ブログをやろうと思ってもなかなか文章が思い浮かばないと思います。

下記の本は、読んだ後からすぐに使えるような効果的なコピーライティングのテクニックを学ぶことができるのでデザイナーにもオススメです。

一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック