読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tortoise Shell

デザイナーによる、デザインやライフハックブログです。

【就活】デザイナーのポートフォリオって難しい

紙のポートフォリオは企業にとって迷惑?

久下さんという方のツイートを拝見して、就活のポートフォリオ制作の難しさを改めて感じ入りました。

 

新卒でデザイン系の職種を目指す場合、ほとんどの学生はポートフォリオ(作品集)を制作します。

わたしも、学生時代は3回生の後半くらいから、ポートフォリオ講座なるものが始まり先輩や教授から指導を受けました。

作品の見せ方、載せる情報、気をつけること…etc

このとき、「ポートフォリオはぜひA3で作りましょう」と教授たちから教わった覚えがあります。

いわく、ポートフォリオはA4で作る場合が多いので、A3で作れば単純に目立つし、見てもらいやすいからとのことでした。

社会人になってから初めて気がついたこと

わたしの就活の場合はA3で作ったことでマイナスに働いた記憶はありません。

当時、制作会社をメインに10社ほど受けて最終的に2社から内定をもらいましたが、その際も採用担当の方から「大きくてインパクトがあった」と褒められました。

(結局その2社も蹴ってインターンに行ってた会社にそのまま就職したのですが…)

なので、A3で作ることに対して何のマイナス感情も持っていませんでした。

しかし、今こうして社会人となり、自分が採用関係の仕事もやるようになって上記のツイートを見ると、「確かに!」と思わざるを得ませんでした。

大企業で人事部がきちんとあって採用関連のリソースが充実しているのなら、送られてきた大量のポートフォリオも管理できるのかもしれません。

ですが、わたしが務めているような中小企業で、基本的にリソースが不足しておりデザイナーがそのまま採用業務も兼任している場合、紙のポートフォリオで、しかもA3サイズなんかが郵送されてきた日には、もう手間になって大変です。

実は、ポートフォリオの管理にはコストがかかる

久下さんがつぶやかれているように、荷解きも面倒ですし、選考が終わってポートフォリオを送り返す際にはコストもかかります。

A3の封筒なんてふつうストックしていませんから、わざわざ買いに行くことになるでしょう。

わたしが勤めている会社では、基本的にPDFか、作品が掲載されているサイトのURLを教えていただくようにしているので、上記のような手間が実際にかかったことは一度もありません。

それでも、もし学生から郵送でポートフォリオが来たら、採用業務やってる自分としてはちょっとめんどくさいな…と思ってしまうと思います。

ポートフォリオのチェックだけでも時間を取られてしまいますし、採用業務が多めに入っている日は仕事が進まないので疲れてしまいます。

なので、PDFとかURLで最初から送ってくれる学生の方はとってもありがたいなと感じますね。

上記のツイート、本当にその通りだと思います。 

紙のポートフォリオは必要に応じて提出しよう

学生時代、他の就活生よりもインパクトで勝ちたい!という理由でA3で作って5社くらいに送りつけた記憶があるのですが、良くなかったなと反省しました。 処分したりするの、手間だっただろうな…。

読んでくださる方のことをあまり考えられていなかったように思えます。

ただ、紙のポートフォリオを用意しておくことは良いことではあると個人的には思っています。

やはり紙だとその場でパラパラとめくってワイワイ見ることができますからね。

求められてもいないのに一方的に送りつけるのは迷惑になるかもしれませんが、きちんと用意はしておいて、「ポートフォリオを持ってきてくださいね」と言われたら持って行くというくらいが良いかもしれません。

いやぁ、勉強になるなぁ…。

当ブログのおすすめ記事