読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tortoise Shell

デザイナーによる、デザインやライフハックブログです。

Web制作会社のデザイナーが残業まみれになる本当の理由とは?

f:id:tamusan100:20160208220205j:plain

残業が多いとよく言われるWeb制作会社ですが…

Web制作会社には、よく次のようなイメージがつきまといます。

  • 激務
  • 残業だらけ
  • 給料が安い 

どうしてWeb制作会社のデザイナーは残業まみれになってしまうのでしょうか。

営業が安い値段でスケジュールを考えずに案件を取ってくるだとか、クライアントから納期直前で無茶な修正以来があったりだとか、様々な要因があると思います。 

しかし、理由の本質はそこではありません。

どうして残業まみれになってしまうのか?

残業まみれになる本当の理由とは、受託開発という性質上、売上が人月計算で長時間働くことがそのまま会社の利益になるような事業の構造になっているからです。

ソシャゲーを思い浮かべていただければ分かりやすいと思いますが、あれはユーザーにお金を払わせるための課金システムを実装してるから、売上の上がる仕組みが全て自動化されていて、人が動かなくてもお金が入ってきますよね。

なので、利益率がべらぼうに高いわけです。

同じWebデザイナーであっても、例えば自社Webサービスを運営しているようなIT企業は、制作会社に比べて残業が少ないです。

それは、人が働くことそのものが収益に直結するのではなく、人が働いて作った「仕組み(Webサービスというシステム)」で収益が上がるようになっているからなんです。

残業が発生するのは、ビジネスモデルにも理由がある

このように、Web制作会社が残業まみれになるのは、自社の商品やサービスをもっておらず、収益のシステムが自動化されていないのが本当の理由です。

つまり、受託開発というビジネスモデルが残業を生む元凶です。 

それを「クリエイターは残業が当たり前」といった謎の常識を信じて思考停止してしまうことは、あまりにも不幸なことです。

もしもあなたがWebデザイナーをしていて、もしくは目指されていて「残業したくない!」と思われているのでしたら、会社の規模や従業員数ではなく、その会社のビジネスモデルをチェックするようにしましょう。

くれぐれも、実力がつけば残業も減るだとか、自分がもっと頑張れば残業を減らせるなんて勘違いをしてはいけません。

仕事は、みんなで力を合わせてやっていくものです。

ましてや、「クリエイターは残業が当たり前」という謎の宗教に毒されないようにしてくださいね!

当ブログのおすすめ記事