Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

Webデザイナーのわたしが実践する、仕事中のリフレッシュ方法5選

http://www.flickr.com/photos/10799319@N00/118001058

photo by radioher

デザインやプログラミングなど、デスクワークには難しいところがあります。

それは、常に一定のパフォーマンスが発揮できるとは限らないということです。

頭で考えたことをアウトプットする仕事なので、どうしても長時間働いていると集中力が途切れたりアイデアが浮かばなくなったりします。

脳を長時間にわたって酷使することは、むしろ創造性を発揮できなくなる要因となるのです。 

そこで、定期的にリフレッシュすることが大切です。

今回は、Webデザイナーのわたしが会社で実践してきて、実際に効果を実感したリフレッシュ方法を5つ紹介します。

会社の周りを散歩してみる

http://www.flickr.com/photos/98786299@N00/13962553991

photo by PeterThoeny

無機質なオフィスにずっといても良いアイデアが浮かばないときは、散歩が一番おすすめです。

軽い有酸素運動は、集中力や発想力を高めてくれます。

ストレッチをする

http://www.flickr.com/photos/17106526@N00/1578514678

長時間同じ姿勢でいることは、血流を停滞させ肩こりや腰痛の原因になります。

定期的にストレッチをすることでリフレッシュにもなります。

コーヒーを飲む

http://www.flickr.com/photos/34700343@N08/10145153253

photo by jaci XIII

コーヒーに含まれるカフェインには、眠気を覚ましたりするだけでなく、脳の働きを活発にする効果もあります。

また、コーヒーの香りは脳をリラックスさせる効果があるので、積極的にコーヒーブレイクを取り入れるとモチベーションを保つことができます。 

甘いお菓子を食べる

ナビスコ オレオ 9枚×2P×10個

ナビスコ オレオ 9枚×2P×10個

 

頭を使う仕事をするなら、やっぱり甘いものは欠かせません。

わたしの会社にはオフィスグリコの制度があるのですが、ついついお菓子を食べ過ぎてしまいます。

適度な糖分を取ることは脳の活性化に良いのですが、食べ過ぎると今度は健康に害を及ぼすので、ほどほどにしましょう。

あーオレオ美味しい。

フェイシャルペーパーで顔や体を拭く

GATSBY (ギャツビー) フェイシャルペーパー アイスタイプ <徳用タイプ> 42枚入

GATSBY (ギャツビー) フェイシャルペーパー アイスタイプ <徳用タイプ> 42枚入

 

夕方になると顔がテカテカしてくるし汗ばんでくるので、フェイシャルペーパーで顔や体を拭くととてもスッキリします。(これは男性向けかな?)

近くのコンビニで買ってデスクの上に置いてます。 

まとめ

休むのは良くないことだという価値観は古いです。

人の目なんて気にせず、最高のパフォーマンスを発揮するためには戦略的にリフレッシュの時間を取る必要があります。

よく休み、よく働いていきましょう。