Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

商業デザイナーとアーティストの違い、あなたは説明できますか?

商業デザイナーとアーティストは別物

デザイナーとアーティストって、何だかニュアンスが似ていますよね。

あなたは、デザイナーとアーティストの違いを説明することができますか?

簡単に一言二言で表すならば、

デザイナーは問題解決者、アーティストは表現者と言えます。

そもそもデザインとかアートってどういう意味?

アートの意味を理解している人は多いです。

アートは日本語で芸術という意味ですが、ざっくり言うと「表現」ということです。

何かを表現して、自分や他人に作用を与えようとします。

作用とは、例えば感情などが挙げられます。

自身の芸術作品を観たお客さんに、喜びや悲しみ、怒り、不安など様々な感情を思い起こさせるのです。

対して、デザインは「設計」「意匠計画」という意味を指します。

つまり、何かを組み立てているわけです。

ここで注目していただきたいポイントは、「作ること」がデザインではないんですね。

作るということが共通していて、作られたアウトプットが似ていることがあるので、デザイナーとアーティストは混同されるのではないかと私は考えています。

なぜデザイナーとアーティストが混同されるのか

デザイナーでもアーティストでも、「何か絵を描いてる」というイメージがありませんか?

確かに、デザイナーもアーティストもよくスケッチをする人種です。

しかし、絵を描く目的はまったく異なっています。

デザイナーは、設計のために絵を描いて構想を練っていますが、アーティストは表現のために絵を描いているのです。 

ここで、実例を挙げてみましょう。

音楽フェスのポスターなんかを思い浮かべてください。

あれってアートだと思いますか?

アートだと言われたらちょっと違和感ありますよね。

そうです。

音楽フェスのポスターは、だいたい「デザインされたもの」です。

先ほど、デザインは設計だと言いましたが、何を設計しているのかというと、例えばこんなことを設計しています。

  • 話題性を出してお客さんを集めたい
  • 音楽好きを反応させたい
  • 音楽フェスの認知度を上げたい
  • etc...

そして、上記のような目的を設計するために、グラフィックデザイナーはターゲットに設定している見込み客に響くコピーを装飾したり、配色を考えたり、訴求力のある写真をレイアウトしたりしているんです。

見た目のかっこよさは、結果として生まれるもの

なので、「かっこいい見た目やかわいい見た目を作ること」がデザインなのではなく、設計(デザイン)したアウトプットの結果として、かっこいい見た目のポスターなんかが生まれてくるわけです。

対して、同じように四角い紙の中に描かれたものでも、絵画などはお客さんを集めたいから描かれてるわけじゃないですよね。

絵画は表現として描かれているんです。

このように、アウトプットが似ているのでデザイナーとアーティストは混同されるのでしょう。 

まとめ

デザイン自体、元々はアートから派生して産業革命によって生まれたような側面もあるので、体系的に学んでいないと分かりづらいと思います。

(体系的に学んでいないと…とかいいつつ、私は大学でデザイン史の講義のときはいつも寝ていたんですけどね!笑)

ですが、私が最初にデザイナーは問題解決者、アーティストは表現者と書いた意味が、上記の例を考えてみると少しお分かりになったのではないでしょうか。

わたしはアーティストになったことはないので面白さは分かりませんが、デザイナーの方は本当に楽しいし社会的意義のある仕事なので、興味のある方はぜひ目指してみてください。

デザインの意義ってなんだろう?

そう思った人が読むと面白いデザインの古典的名著です。

最近改訂版が出たので、これを機会に読んでみてください。

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

 

当ブログのおすすめ記事