Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

ガス代が高い!それでも一人暮らしの私が毎日お風呂に湯を張る理由

http://www.flickr.com/photos/73622329@N00/2317667449

photo by micamica

大学生になってから一人暮らしを始めて、今年で一人暮らし歴6年目になるが、例外なく毎月ガス代が高い。

なぜかというと、毎日必ずお風呂に湯を張って入っているからだ。 

一人暮らしを始めたばかりの頃は、誰にも邪魔されずに好きなだけお風呂に入れる贅沢を素晴らしく感じていたものだ。

高校生の頃から私はなぜだか急に風呂好きになり、毎日1時間以上は風呂場を占拠していたので、母からよく文句を言われたものだ。 

一人暮らしで毎日湯を張るのは割高であるとよく言われている。

シャワーしか浴びない派の友人たちは、毎月のガス代は高いときでも3,000円程度だという。

私は毎日湯を張って入っているので、6,000円〜8,000円ほどかかる。高い。 

シャワーだけだと疲れが取れない

それでも、私はシャワーだけではやりきれないのだ。

暖かい湯の中に入らなければならない理由は、とても精神的な事に関係している。

私にとって湯の中に入って数十分間を過ごすことは、1日のデトックスにあたる。

風呂に入っているときは、だいたい何も考えていない。

ぼんやりと何か考えているときもあるけれど、こうして風呂あがりに文章を書いていて、「風呂で何考えてたっけ?」と思い返しても、まったく思い出せない。

風呂に入ることは儀式であり、風呂に入ることによって自分が1日の間に直面した事柄について一定の距離を置いて俯瞰し、整理し、その問題はいずれしかるべき手段で解決されるであろうとの確信を得る。

くよくよ悩んでいても大抵のことは解決しないし、一晩寝て朝起きたときに素晴らしい解決策が思い浮かぶことは往々にしてあるものだ。

おそらく、風呂に入ってゆっくりすることには瞑想と同じような効果がある。

風呂に入ることは大事だ。

毎月3,000円余分に払う価値はある。

P.S.

スーパーでいつもこの入浴剤を買ってるんだけど、何かオススメがある人はぜひ教えてください^^ 

バブ ゆずの香り 20錠入

バブ ゆずの香り 20錠入