Tortoise Shell

Webサービスの会社で働くデザイナーが、デザインやライフハックについてゆるく書き連ねるブログです。

新入社員でも入社1日目から売上に貢献して即戦力になる方法

突然ですが、あなたは会社の存在意義について考えたことがありますか?

社会に良い影響を与えるため?

もちろん、そういった面もあるかもしれませんが、一番目は間違いなく「売上を出して利益を得ること」です。

会社にとって売上とは呼吸のようなものであり、売上が止まれば会社は存続することができなくなるからです。

ただし、売上だけが全てなのかというと、もちろんそれだけではありません。

お金だけを追い求めていては、経営者も社員も、働くモチベーションを保つことはできません。

ただし、会社のビジョンや存在意義がどうの…というのは、あくまで「売上」があるからこそ成り立っているものでしょう。

従業員が売上を意識するということ

会社の「売上」について、従業員に意識させるのは難しいと言われています。

営業や経理の方なら数字を意識させられることはあると思いますが、例えば開発部門の人間であるエンジニアやデザイナーが毎日売上を意識できているかというと、私も含めて全然意識できていないと思います。

エンジニアやデザイナーは職人気質の方も多いと思いますが、売上を意識できないとどういう弊害があるかというと、こんな感じです。 

売上を意識しない従業員と経営者の溝

経営者「はぁ…今月は資金繰りがヤバい。早くこのプロダクトをリリースして売上を出して新規事業に投資しないと!!」

プロマネ「デザイナーさん、納品いつになりそうですか?その部分、もうそのあたりで落とし所にしていいんじゃないですか?」

デザイナー「いや、駄目です!ここが良くない。時間はもうちょっとかかりそうだけど、1pxにまでとことんこだわって、良いプロダクトにします。(どうしてデザインの重要性を理解していないんだろうか、まったく…)」

経営者「(気持ちは分かるけど、いいから早くリリースを…!)」

こうしたギャップは、様々な職場でありがちななのではないでしょうか。

売上を出せない新入社員はどうすれば?

とはいえ、いくら売上を意識しろとは言っても、売上を出せない新入社員はどうすればいいのでしょうか。

実は、「新入社員でも入社1日目から売上に貢献して即戦力になる方法」があるのです。

それは、「雑用をやって手伝いをすること」です。

「え、雑用をやっても売上は出ないじゃん?」と思われたかもしれませんが、実はめちゃくちゃ関係あります。

セールスを行うことだけが売上の全てではない

よく、「新入社員は会社に貢献できないから、雑用などは喜んで引き受けよう」という事を言っている新人研修があると思うんですけど、あの手の研修の悪いところは、新人が雑用をやることを精神論や年功序列制の産物のように感じさせるところです。

だから新人も、「新人だから雑用をやらされている」と思いがちです。

しかし、実は雑用などの手伝いをすることで、会社の売上に貢献することができます。

なぜかというと、自分自身で売上は立てられなくても、手伝いをすることで「売上を立てられる人の時間を作ってあげること」はできるからです。

電話対応や掃除、書類のコピーなども、それを売上を立てられる人の代わりにやってあげることで、売上を立てられる人がより売上に関係する仕事に取り組める時間が増えるので、雑用を引き受けることで会社の売上に貢献できるんです。

一見目立たないような仕事でも組織の役に立てる

この、「組織の資源配分」について論理的に説明を受けていれば、新人は雑用でもやりがいを見出し、頑張って働くのではないでしょうか。

私も1年前、社会人になりたての頃は雑用を頼まれると「雑用かぁ…」と思ってしまっていましたが、その雑用が売上(組織の役に立つこと)につながるということを理解してからは、気持よく引き受けることができるようになりました。

やりがいというのは自分で見出すものだとは思っていますが、それでも「どうしてそれが必要で、どんな役に立つのか」を教えてあげることは大事かもしれませんね。